記憶と記録

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。

朝景

千葉の朝景スポット 濃溝の滝 で光芒を撮る

投稿日:

この記事の所要時間: 349

th_2016_0819 千葉 君津 濃溝の滝-2

こんばんは。
1週間ぶりの投稿になります。

更新放置すると一気に放置するタイプなので、
コンスタントに更新するよう頑張ります・・・。

今回紹介するのは、Instagramで有名になった
濃溝の滝になります。

くそキューレションサイトによく書かれていた
「まるでジブリの世界!」シリーズの一つです

そんな濃溝の滝、実は人工的に作られた滝で、
それなりに歴史が深いスポットになります。

トンネルの穴は、人力で掘削されており、
今から約350年ほど前の江戸時代に農地を
拡大する河川工事によって作られたものです。

だいぶ前から君津市の滝として
存在していたものの、地元の人しか知らない
秘教スポットになっていたのでした。

実はこのエリアは色々と滝があります。
特に沢もあったりと危険の伴うエリアが多いです。

それだけまだまだ隠れたスポットがあると思うと
君津は訪れる魅力があるエリアではないでしょうか

 

滝としての魅力

th_2016_0819 千葉 君津 濃溝の滝-2SONY α7S FE 24-70mm F2.8 GM
ISO 320 焦点距離52mm F9 シャッター速度 30

th_2015_1207 千葉 養老渓谷~濃溝の滝-6SONY α7 FE 70-200mm F4 G OSS
ISO 50 焦点距離145mm F20 シャッター速度 30

この穴に差し込む様子が幻想的で有名になった
濃溝の滝ですが、普通に光芒抜きで見ても雰囲気の
出ている素敵な場所です。

特に紅葉の時期になると2枚目のように
紅葉と滝のコラボが撮影可能に。

 

幻想的な光芒と滝の風景

th_2016_0905 千葉 君津 鹿野山〜濃溝の滝-24SONY α7S FE 24-70mm F2.8 GM
ISO 160 焦点距離54mm F9 シャッター速度 30

th_2016_0905 千葉 君津 鹿野山〜濃溝の滝-22SONY α7 FE 70-200mm F4 G OSS
ISO 50 焦点距離70mm F22 シャッター速度 2

th_2016_0905 千葉 君津 鹿野山〜濃溝の滝-34SONY α7S FE 24-70mm F2.8 GM
ISO 160 焦点距離56mm F9 シャッター速度 25

th_2016_0905 千葉 君津 鹿野山〜濃溝の滝-28SONY α7S FE 24-70mm F2.8 GM
ISO 160 焦点距離44mm F9 シャッター速度 30

th_再現像 濃溝の滝-1SONY α7S FE 24-70mm F2.8 GM
ISO 160 焦点距離70mm F13 シャッター速度 20

th_再現像 濃溝の滝-3SONY α7S FE 24-70mm F2.8 GM
ISO 250 焦点距離42mm F13 シャッター速度 30

この日は台風一過の翌日。
湿気が物凄く、霧が出て、雲海も発生してました。

そのため光芒のも色濃い物に・・・。
NDフィルター噛まして長時間露光しているため、
更に光芒の明るさを強調された形になります。

経験上ですが、濃溝の滝に光芒出るときは
晴れ日で、雲海が物凄い日な気がします。

運転中に道路が霧に囲まれると正にガッツポーズ

 

シーズンによって違う光芒の向き

th_2016_0819 千葉 君津 濃溝の滝-4SONY α7S FE 24-70mm F2.8 GM
ISO 64 焦点距離54mm F9 シャッター速度 30

上の写真とは別のタイミングにて撮影。
滝の正面から撮影しているのですが、
時期によって太陽の位置が変わるため、
光芒の射す向きも変わる形になります。

上で見たハート型の光芒が濃溝の滝で有名ですが、
実際はそれ以外も光芒の入り方の変化があって
中々通っても面白い場所だったりします。

特に自分は正面から入り込むカーテンのような
光芒が撮りたくて通いました。

また撮影ポジションによって、
構図も大分変わるため、色々と試す必要がある
スポットになります。

 

撮影地について

Instagramで爆発的に広がった濃溝の滝
最近は観光バスのツアーで組まれてしまう程なので
人の集中具合が半端ないです。

朝だけでなく、雨の日ですら人でごった返す始末

とは言え、雰囲気の素晴らしい場所なので、
光芒目的だけでなく、色々な景観楽しむのも有り
な場所だと思います。

また光芒を見るための時期ですが、
3〜9月頃が光芒の見える時期です。

10〜2月は太陽の位置の関係上、
直接光が入り込まないため光が薄っすら入り込む
微妙な感じです。
(実際通って気づきました)

光芒狙いの方は3〜9月に行くのがオススメです。

 

アクセスについて

〒292-0526
千葉県君津市笹1954−17
(駐車場の住所になります)

【駐車場関連】
大体50台位が限界?
※終日無料開放

【関連ページ】
http://www.city.kimitsu.lg.jp/contents_detail.php?frmId=10779
※君津市HPより

【Google検索】
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E6%BF%83%E6%BA%9D%E3%81%AE%E6%BB%9D

【GoogleMap】

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ランキングへ参加しています。良ければボタンをポチッとお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-朝景
-, , ,

Copyright© 記憶と記録 , 2017 All Rights Reserved.