Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。RICOH GR3 でも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

雑記

2020年を写真で振り返ってみる

2020年12月24日


こんばんは。

2020年も残り1ヶ月を切りました。

2020-2021の年末年始は地方で集まる以外、予定はありません。しかし天候次第できっと撮影に赴いてる気がします笑

そんな撮影ばかりの2020年でしたが、「振り返りもしっかりやらねば」ということで撮影した写真をピックアップして振り返りたいと思います。

コンテスト行きの写真は非公開となりますが、Taka0610が今年どんな感じで撮影にいってたかわかるようピックしてみました。

完全に自己満足の記事となりますが、ゆるりとお付き合いください。

印象に残っている写真を振り返ってみる

2020年上半期(1~6月)

2020年1発目の撮影は山梨県で撮影した富士山とオリオンでした。今年は暖冬の影響もあって山梨県には雪が殆どありませんでしたね・・・。

ノーマルタイヤで自宅から車で向かったのをはっきり覚えてます。

街明かりが強いので、普通のソフトフィルターを使うと街明かり部分がかなりボケてしまいます。そのためハーフソフトフィルターを導入。

オリオンだけにソフト効果をかけたのでした。この撮影はかなり頭を使った撮影だったので印象深く覚えてます。

ここは静岡のさった峠から撮影した1枚。写真を始めた当時、静岡に住んでいました。その時よく通ったのがこのさった峠。

あれから5年たった今、改めて撮影したところ納得出来る1枚に。当時は天気の読み方なんかわかるわけもなく、場所についたら富士山見えないという場面があったくらいですし笑

あの頃から成長できたかなと思えた瞬間でした。

今年通い出した地獄谷温泉で撮影した1枚。12月にもだいぶ通いましたが、それでもこの1枚は特別なものに。

お猿ちゃんに雪が積もるという場面があるようで中々無いんです。

2020年は北海道の道東でも撮影しました。このエゾモモンガを撮る時にSEL100400GMをぶっ壊したのもいい思い出。

(後日修理費用が17万請求されました/(^o^)\)

2020年の前半は四国の徳島県で行われるシラスウナギ漁にも撮影にいきました。ここでの撮影はホント面白くて、2日間の夜中に無我夢中で撮影してました。このシラスウナギ漁は高知県の四万十川でも行われてるため、タイミング合えば行ってみたい。

大好きな原岡海岸で撮影した1枚。

以前は広角気味で桟橋を撮影してたんですが、100-400mm望遠レンズを手に入れてからは桟橋の先端に来る人を撮影するというスタイルに。

粘りに粘った結果、富士山を望むカップルが見事に撮影できたのでした。

山梨の某峠から撮影。雲海と天の川と富士山のコラボです。ずーっと撮影したかった組み合わせ、なんとか条件に辿り着けたのですが、このあと雲海に飲まれて終了。。

撮りたかった構図には天の川の傾きが足らずでもんもんとしながら帰った思い出です笑

またリベンジします。

ここも毎年訪れていた撮影スポット、今年も訪れたのでした。

豪雪の影響で木の枝が折れて形が変わっていたりと、色々変化がありましたがモヤのシチュエーションには恵まれてた気がします。

2021年も通いたいポイントです。

2020年はコロナの年でした。非常事態宣言が発令されたりと、人と会うという行為が制限された年でもありました。

その影響もあってポートレート撮影の活動が殆どできなかったです・・・。

唯一撮影出来たのが3回でしたが、どれも思い出深い撮影となりました。2021年はスナップとポートレート撮影を増やしていきたいですね。

2020年下半期(7~12月)

群馬県の覚満淵にて撮影。今までこのような朝もやと木々をずっと狙っていたのですが、1度も巡り会えず。

この場所でのモヤの発生条件に対しての考え方を変えてから、出会えるようになったのでした。

この日は理想の条件で、撮れ高は最高でした。こういう条件が良い時って引き時がわからないんですよね。3hくらい撮影してた気がします。

福島県の只見線と川霧を撮影。川霧も同様で、今まで中々出会えなかったのですが、発生条件を見直したところ、バッチリ遭遇。

「同じモヤだし、雲海と条件一緒でしょ?」とか思ってた2年前の自分をぶん殴ってやりたい。

この場所は1分単位で見える景色が変わっていくため、納得する写真を撮るには何度も通う必要あり。

千葉の濃溝の滝で撮影。この構図もずっと狙っていた1枚になります。観光客で多かったこの撮影ポイントも、以前に比べてだいぶ少なくなりました。

みんな狙っているのは光芒が斜めでハート型になる時期だけなのかもしれませんね。

長野の高ボッチ高原にて撮影。この場所も今年は通うぞと覚悟を決めたものの、中々納得行く条件に出会えず1回で終了という・・・。

この日も雲海の条件は良かったですが、富士山の麓が見えずじまい。

それと今年は撮影者のマナーが悪いのも目立ちました。ゴミが落ちてたり、場所がどーのこーの騒ぎ出すやつもいるし、話し声してたらうるさいんだけど!と大声で言ってるやつもいるし、その場にいただけでなんだか疲れてしまいました。

来年以降は人の多い11月だけは避けようかと思います。

群馬県で撮影した1枚。この日は本命のポイントが一切雲海が発生しなかったりと、天候に悩まされた日でした。思考を切り替えてポイントを移動したところ見事狙っていた構図が撮影出来ました。

ダメだからと諦めない姿勢の大事さを学んだ撮影になりました。

夏に引き続き秋も覚満淵にて撮影。この日もモヤが最高でした。真っ白だとつまらないので、木々の後ろだけにモヤが発生し、バックの紅葉がチラ見されるという正に理想の条件。

来年はもう少し早いタイミングで訪れて、この木々の紅葉だけにフォーカスして撮影したいと思います。

長野県の某ポイントで撮影。この場所は3年ほど通っていますが、過去最高の条件でした。この日のあとも何日か通いましたが、やはりこの日が最高だった。紅葉、光、モヤ、どれも欠けたら成立しない構図です。

長野県の鏡池で撮影。この日は戸隠連峰だけに雪が積もるという奇跡の条件でした。

時期的には晩秋でしたが、シンボルとなっているナナカマドの木がしっかり赤々と紅葉していたため雰囲気は◎

雪が降っていた影響もあってか撮影者が少なかった。星ぐるぐると紅葉も撮りたいため、まだ通う予定ではあります笑

関西の紅葉ポイントにて撮影。山の峰に紅葉の木々が植えられており、それに朝日が差し込んで紅葉がライトアップされるという見事な絶景でした。

70-200mmで撮影する写真が多いこの場所ですが、400mmで切り取る景色もまた素晴らしかったです。

いい感じに組写真も出来たため、どっかの場所で披露したいところ。

2020年の冬は北海道の青い池の新雪のタイミングで訪れました。そして個人的今年1番の写真が撮れました。某コンテストに応募しているため、公開は控えますが、ホントに良かった。

冬の時期なのに、モヤが発生したりと中々ありえないシチュエーションに出会えたのはホント嬉しかった。

(肝心の狙っていた光景は撮れませんでしたが笑)

まだまだ撮りたいイメージがあるため、青い池には通う予定です。

埼玉の秩父雲海より撮影した1枚です。

この日もシチュエーションに恵まれて、左側にある工場がモヤに隠れたおかげで、右側の主題となる工場が強調された1枚になりました。

何度も通っていますが、中々このエリアが雲海に包まれることって無いため、大きな収穫でした。

新潟の某ポイントで撮影。

この場所は雪深いポイントで、普通に真冬の時期にいくとスノーシューを使って1.5h程歩かないと辿り着けないポイントです。

しかし新雪のタイミングで訪れることで歩く時間をだいぶ省きました笑

着雪具合と、シチュエーションは最高だったんですが、構図決めるのにだいぶ時間がかかってしまいました。

この日のベスト写真は某コンテストに応募する関係上、ブログでの投稿は控えます・・・。

2020年を振り返ってみて

コロナが広まった2020年の撮影スタイルとしては基本的に、「公共機関は一切使わない、自家用車オンリーでの移動」「人混みは避ける」の2点を意識しました。流石に住んでいる千葉県の緊急事態宣言時は自重してましたが、それ以外の時期は自己責任で、極力お店には入らないようにしてました。

また自分は今年で32歳になるんですが、32歳の今しか出来ないことはなにか?と考えた結果、他人に迷惑かけずお金と時間が続く限りやりたいことをやるスタンスになりました。

おそらくコロナが広まらなかったら、この考えには辿り着かなかった気がします。コロナをきっかけに今後の人生を改めて考えるようになったのでした。

あくまでこれは自分の考えです。これが正しいとは思いませんが、間違ってるとも思いません。仕事プライベート含めて全て自己責任を意識して行動してる次第です。

また環境の変化をきっかけに何かにチャレンジすることはとても大事な事だと学びました。

来年以降も写真撮影や旅は続けていきますが、少しずつ作品を世の中に公開する方向へシフトしていきたいと思います。

そのためには撮影するだけでなく、色々と考えてやらねばならない事が出てきます。

大規模な海外のフォトコンテストの入賞をきっかけに2020年は人との出会いにも恵まれた年だったため、きっと2021年はより良い流れが生まれると信じてます。

まとめ

2020年はお世話になりました!

2021年も引き続き撮影に励みたいと思いますので、どうぞ当ブログをヨロシクオネガイシマスm(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

スポンサードリンク

SNS誘導

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とRICOH GR3。1年半ほどフィルムカメラで撮影もしてました。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-雑記

Copyright© Photo Fieldworks , 2021 All Rights Reserved.