Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

朝景

千葉の朝焼けスポット 印旛沼 の朝景を撮る

投稿日:2017年1月8日 更新日:

th_2016_1229-%e5%8d%83%e8%91%89-%e5%8d%b0%e8%a5%bf-%e5%8d%b0%e6%97%9b%e6%b2%bc-8


こんにちは。

今回は千葉の有名な朝焼けスポット
印旛沼の朝景について投稿したいと思います。

印旛沼は以前5回程、行きましたが
満足に撮れた絵が1〜2枚しか無かったという・・・

非常に構図で悩まされた場所でもあります。

というものの、ロケーションによって
絵が大分変わってしまう事に最近気づいたレベル

同時に、天気次第でありふれた景色が変わる事を
印旛沼で学んだのでした。。

印旛沼で撮影した写真達

印旛沼の朝焼け(日の出前)

th_2016_1229-%e5%8d%83%e8%91%89-%e5%8d%b0%e8%a5%bf-%e5%8d%b0%e6%97%9b%e6%b2%bc-8SONY α7 FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 50 焦点距離19mm F4 シャッター速度 6

th_2016_1229-%e5%8d%83%e8%91%89-%e5%8d%b0%e8%a5%bf-%e5%8d%b0%e6%97%9b%e6%b2%bc-11SONY α7 FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 50 焦点距離18mm F9 シャッター速度 8

th_2016_1229-%e5%8d%83%e8%91%89-%e5%8d%b0%e8%a5%bf-%e5%8d%b0%e6%97%9b%e6%b2%bc-20SONY α7 FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 50 焦点距離25mm F13 シャッター速度 2

th_2016_1229-%e5%8d%83%e8%91%89-%e5%8d%b0%e8%a5%bf-%e5%8d%b0%e6%97%9b%e6%b2%bc-24SONY α7 FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 50 焦点距離25mm F4 シャッター速度 13

この日は若干の風があった位で、
水鏡は何とか写った感じです。

ただ、微風のため、肝心の舟が動くという・・・。

シャッター速度は5秒が限界でした。

後はひたすら連射というまぁ人海戦術

それとこの日訪れて思ったのが
雲があるといい絵になるなぁと痛感。

雲一つない晴れだと逆に面白味に欠けたりします。

日の出後・・・印旛沼の雰囲気

th_2016_1229-%e5%8d%83%e8%91%89-%e5%8d%b0%e8%a5%bf-%e5%8d%b0%e6%97%9b%e6%b2%bc-25SONY α7S FE 24-70mm F2.8 GM
ISO 50 焦点距離57mm F8 シャッター速度 1/100

鳥同士、戯れてるのが印象的でした。

鳥たちが舟で井戸端会議してる光景が目の前に。。

夜中に鳴いてる鳥が居るくらいなので、
何気印旛沼、結構鳥が多いです。

【番外編】幻想的に印旛沼を撮ってみた

th_%e5%86%8d%e7%8f%be%e5%83%8f-2SONY α7S FE 24-70mm F4 ZA OSS
ISO 50 焦点距離36mm F13 シャッター速度 13

この時は雲一つない天気、かつ朝霧が出てました。

朝霧が沸いた状況をソフトフィルターつけて撮影。

雲のない日でもこのように撮る事が可能です。
※2015年11月撮影

撮影地について

撮影ポイントは舟乗り場近くで、
日曜日にはバス釣り大会が結構な頻度で
行われております。

なので行くとしたら日曜日の朝は避けた方が無難

また印旛沼の撮影地から東に行くと、
佐倉ふるさと広場があります。

佐倉ふるさと広場では季節に応じて、色々な
イベントが開催されています。

春先はチューリップ、夏はひまわり、秋は 秋桜 等
オランダチックな風車と共に花が撮影可能です。

沼の周囲はサイクリングロードが整備され、
ランニングやサイクリングを楽しむ人が特に週末
多く訪れます。

また屋形船も運航され、
水上から印旛沼や沼周辺の自然を楽しむ事が可能。

※2017年12月追記
どうやら今年の7月に舟は撤去された模様。

ご紹介している景色はもう撮れず・・・。

舟一のボート屋のおじさんが毎回手入れしててたらしく、それを辞めたみたいです。

アクセスについて

【住所】
〒285-0866
千葉県佐倉市臼井田1381
※貸舟屋 ふな一の横が撮影地になります

【駐車場関連】
大体30台位が限界?
※終日無料開放

【関連ページ】
http://inba-numa.com/
※印旛沼情報広場より

【Google検索】
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E5%8D%B0%E6%97%9B%E6%B2%BC

【GoogleMap】


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ランキングへ参加しています。良ければボタンをポチッとお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-朝景
-, , ,

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.