Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。RICOH GR3 でも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

ポートレート

久々に訪れた葛西臨海公園!ポートレート撮影をしてきました!


こんばんは。

今回更新するのは先日撮影した葛西臨海公園でのポートレート記事になります。葛西臨海公園での撮影は何度かありますが、以前と違った形で今回は撮影に臨めました。

葛西臨海公園といえばクリスタルビューが有名ですが、そこ以外でもしっかりと撮影できたのは大きな収穫だったかな。(この日のベスト写真もクリスタルビュー以外の写真になります)

撮影記に続きます。ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m

今回お願いしたモデルさんについて

今回撮影をお願いさせていただいたモデルさんはTwitterで知り合った 栗林ちゆさん (@chiyuchiyu_k)です。

こちらもTwitterのハッシュタグで検索かけていたところ、目に止まったのがちゆさんでした。撮影会モデルもこれからやっていくとの事で、その練習相手として撮影をお願いする流れになりました。

事前のやりとりで自分のポートフォリオサイトを見ていただき、作風をしっかり理解してもらった上で撮影へ取り組みました。

そのお陰なのか定かではありませんが、当日のコミュニーケーションはスムーズで後半の方は友達感覚で撮影ができてたと思います。

自分の人柄を作風通じて知ってもらう、ハジメマシテのポートレート撮影の場合、物凄く重要だなぁと改めて感じた次第。

撮影した写真たち

秋色、拾っちゃいました

SONY α7R3 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 64 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/1250秒

SONY α7R3 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 64 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/1250秒

SONY α7R3 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 64 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/1250秒

この日は昼過ぎに合流。すぐにクリスタルビューにはいかず、公園内をウロウロしながら撮影。

ススキに光があたって綺麗な感じのポイントを発見後、撮影にチャレンジ。そしてたまたまモデルさんが松ぼっくり拾ってこっちに目線を送ったので即座にシャッターを切ったという図です。

個人的にはこの日のベストが2枚目の写真という、何気なく撮った1枚がこの日のベスト写真になるとはシャッター切ってるときには思ってもいませんでした・・・。

バックのススキがディフューザー変わりになって、柔らかい光がモデルさんに当たります。

木漏れ日のベンチに座って

SONY α7R3 FE 135mm F1.8 GM
ISO 50 焦点距離135mm F1.8 シャッター速度 1/400秒

ススキの撮影する前に目星をつけていたとある通りです。望遠レンズで落ち葉を拾いながらの撮影。

ここでの撮影も木漏れ日を狙って撮影しました。直射光を利用してのポートレート撮影は難易度があがるので、色々工夫しながら撮影が必要だなと感じました。

クリスタルビューにて撮影

SONY α7R3 FE 135mm F1.8 GM
ISO 50 焦点距離135mm F1.8 シャッター速度 1/1640秒

SONY α7R3 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 50 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/50秒

SONY α7R3 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 50 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/640秒

そして本命のクリスタルビューで撮影。久々に訪れたクリスタルビューはやはり綺麗で、撮影ロケーションとしては最高でした。

以前訪れたときより表現力は上がったかな?と自問自答しながら撮影に望みました笑

クリスタルビューの帰り際

SONY α7R3 FE 135mm F1.8 GM
ISO 400 焦点距離135mm F1.8 シャッター速度 1/200秒

SONY α7R3 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 400 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/100秒

SONY α7R3 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 400 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/100秒

SONY α7R3 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 400 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/100秒

SONY α7R3 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 400 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/100秒

クリスタルビューでは1h弱撮影しましたが、時間が経つのはあっという間でした。

特に最上階のフロアが一番撮影ポイントとしてはメインになるのですが、実は帰り際のエリアもなかなか良かったです。

何度訪れても同じ構図で撮ることはないため、撮影してて楽しい場所でした。

ポートレート撮影を振り返って

今回の作風について

今回は初めましての撮影だったので、天候に左右されず確実に撮れる撮影ポイントを選びました。

事前に撮影地の情報を共有し、衣装はモデルさん主導で決めてもらってます。

またモデルさんが自然な笑顔で撮影をしたいという意向があったため、それに沿う形で撮影してます。笑顔の写真が多いのはそういう背景があります。

とは言え、もっと表情を引き出せたなぁというのが撮影後の反省でした。表情を豊かにするための引き出しを自分が持ち合わせてなかったのがちょっと悔しいです。

撮影機材について

【ボディ】1台
・SONY α7R3

【レンズ】3本
・SEL1635GM(16-35mm)
・SEL50F14Z(50mm)
・SEL135F18GM(135mm)

前回のポートレート撮影に引き続き、今回もお馴染みの構成でいきました。

今回は50mmの出番が多く、50mmで寄って撮影することが多かったかな。しかし高画素機でモデル寄って撮影は諸刃の剣だと言うことに気づきました。

バランスの良い低画素機が欲しくなってきた今日このごろ。となると α9 の出番ですかね・・・。風景だけなら α7R3 1台体制で十分なんですが、それ以外の撮影するならば複数台ボディあるのがベストです。星景写真もノイズリダクションで身動き取れなくなること考えるとやっぱり2台は必要。ポトレも2台あれば決まったテンポで撮影に臨めます。

いやぁ 悩みますな

まとめ

以上が今回の撮影記事になります。

色々と思ったこと綴ってみました。今まで引きの撮影ばかりだったのが、最近寄りの撮影も増えてきたのは大きな変化となりました。

そして寄りの撮影するには低画素機が必要だなという事。機材沼は抜けきったと思ったのですが、またしばらくα9に思いを馳せる日々が続きそうです。

関連記事

【東京都】 - Photo Fieldworks
【東京都】 - Photo Fieldworks

続きを見る

ポートレート - Photo Fieldworks
ポートレート - Photo Fieldworks

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とRICOH GR3。1年半ほどフィルムカメラで撮影もしてました。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-ポートレート
-, , ,

Copyright© Photo Fieldworks , 2019 All Rights Reserved.