Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

告知

当サイトについて

投稿日:2015年1月1日 更新日:


はじめに

星の数程あるブログの中から当ブログ「Photo Fieldworks」に足を運び頂きありがとうございます。

このブログは管理人であるTaka0610が趣味である写真と旅行の記録を残した趣味ブログになります。

旅行先での撮影写真や、フォトコンテストへの挑戦、写真や旅行に対する考え方や気付き、そういったものが記事の中心となっています。

ブログ名の由来

ブログ名「Photo Fieldworks」は写真活動というニュアンスで付けました。あと 語呂がカッコよかった とまぁ自己満足で付けたタイトルになります\(^o^)/

趣味の写真に紐づく活動での気付きや記録を形にして残したい。そういった思いのあるブログ名になります。

 

管理人について

管理人のTaka0610と申します。主な情報は以下の通りです。

・昭和生まれ

・男性

・双子座

・千葉在住

・趣味は写真、旅行、ドライブ

冷静に見えて突然行動起こすので周りに変わり者と言われます。

でもそんな独創的な考え方がある意味趣味の写真に活きているので、変わった性格で良かったと今では思います。

「写真ブログ」を始めたきっかけ

写真ブログを始めたのは2013年に遡ります。

当時、転勤で静岡に2年住んでいた中、時間を持て余してたのをきっかけに写真の趣味を始めました。学生時代から旅行が趣味だったのもあり、カメラにのめり込むにはあっと言う間でした。

仕事柄、記録して管理するという特徴だったのもあり、趣味も記録して管理したいと思うようになります。それをきっかけに始めたのがブログでした。

当時はFC2ブログで運営しており、CSSやHTMLをカスタマイズして自分オリジナルのブログを運営してました。

しかし数年してバイラルメディアと呼ばれるいわゆる「まとめサイト」に自分のブログのコンテンツが盗用されます。

盗用をされるくらいなら自分でもっとしっかりしたサイトを立ち上げたい。そして盗用も防ぎたい。そういう一新で始めたのがこのWordPressブログである「Photo Fieldworks」になります。

今はSNSが全盛期ですが、ブログにはブログの良さがあります。どの記事も色褪せることなく見えるように、タグやカテゴリ分けをしっかり行ってます。辞書みたいな感覚で、自分の記事を読めるようにしたのも拘りだったりします。

ブログは自分の過去の活動を振り返るにまさに打って付けのツールだったのです。

趣味の旅行や写真を通じて磨かれる感性

本格的に写真や旅行にのめり込んだのは2016年から境目だったりします。

特に日本全国駆け巡るかのような撮影をしていたのと、フォトコンテストと呼ばれるものに継続してチャレンジしていたせいか、自分なりの写真の考え方や被写体に対する思いだったりが確立してきました。

そして自分にとって「良い写真」の定義が出来てきます。

写真の流行りに追われることなく、自分の撮りたいものをマイペースに撮影していこうと考えるに至ります。

また旅行では現地の方々とのコミュニケーションを大事にしています。

旅先での出来事が、自分の撮る写真に影響し、結果として残ってきているからです。

そしてその思いが写真を通じて他人に伝わればいいなぁと漠然と思いはありますが、まだまだその領域には達せてないと痛感中です笑

このブログで目指していること

自分の趣味の活動における思考や経験の記録として残るのを目標にこのブログを運営しています。

そしてこのブログを数年後に見返したとき、自分の成長を振り返ることができる成長記になればと思っています。

そのためには色々とチャレンジして真剣に取り組んで、考えて、悩んでを繰り返す必要があります。この過程を可能な限り鮮明に残したい。そうなるとやはりSNSではなく、ブログに至るわけです。

他人に見られる以上は、しっかりとした形でアウトプットしたい。そして同じ様なところで悩んでいる人の助けや何かのきっかけになれればどれだけ嬉しいだろうかとも思います。

人の助けになるブログっていうのは大げさですが、読んでもらった人にもいいきっかけになるようなブログになれれば幸いです。

最後に

そんなこんなで、自分が趣味の写真を始めたきっかけやブログの目的などをまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

管理人の詳しい遍歴はこちらより

ブログのサイトマップはこちらより

お問い合わせページはこちらより

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

新着記事一覧

新着記事一覧

風景

2018/9/21

初日の出が日本で一番早く見れる場所!犬吠埼灯台 へ行ってきた

こんばんは。 今回更新するのは日本で一番早く初日の出が拝める場所 犬吠埼 の紹介記事になります。 犬吠崎は千葉県銚子市にある利根川の河口に近くにあり、岬には「世界灯台100選」にも選ばれた犬吠埼灯台が存在します。 また変わった色のポストがあることでも有名?だったりします。 犬吠埼について 犬吠埼は銚子半島の最東端、太平洋に突き出た岬になります。岬を囲う三方には海に囲まれており、高さ約20mの海食台地の突端、海抜52mの白亜の灯台が設置されています。 犬吠埼灯台は犬吠埼の探勝の中心地にあります。光遠距離19 ...

続きを読む

コンテスト

2018/9/20

第5回住友不動産販売 ステップフォトコンテスト にて 協賛会社賞 頂きました

タイトル:天空のオアシス SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM ISO 50 焦点距離132mm F13 シャッター速度 6秒 2018年5月に応募したこの作品 住友不動産が主催するStepフォトコンテストにて協賛会社賞を頂きました。 Web上での応募形式である当フォトコンテストですが、SNSで活動されている写真家には人気のあるフォトコンテストらしく、入選結果には見たことある名前がちらほらありました。 応募総数は36,975点とかなり多く、恐らく自分が応募したフォトコンテストでは過去 ...

続きを読む

写真展

2018/9/18

写真家 辰野清 の写真展「余韻」へ行ってきました

こんばんは。 先日都内で行われている、写真家 辰野清 氏の写真展「余韻」へ見てきました。 場所は東京丸の内の方にあるFUJIFILM Imaging Plaza。 自分が訪れたときは会館時間ギリギリだったのもあり、人混みは少なくじっくり作品を見ることが出来ました。 今回写真展を観た感想を綴ってみたいと思います。 写真家 辰野清 とは? 写真家 辰野清 氏は長野県岡谷市出身の写真家で、長野を拠点に撮影をされている風景写真家になります。元々子供を撮るためにカメラを手にしたわけですが、そこから本格的に風景写真を ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 戸隠 にて 鏡池 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の紅葉スポットであり、絶景スポットである 戸隠 にある 鏡池の撮影記事になります。 戸隠の紅葉といえばこの鏡池ですが、長野県有数の撮影ポイントであり観光スポットでもあります。またハイシーズンはマイカー規制もあるため、ハイシーズンに紅葉を撮るとなると色々と大変だったりします。 今回訪れたときは晩秋と呼ばれる時期だったためマイカー規制も緩やかでした。 戸隠と鏡池について 鏡池は長野市の戸隠高原にあります。名前の通り、戸隠の山々が鏡のように水面に映り込む新緑と紅葉の絶景スポッ ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 秋山郷 より 布岩 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の秘境であり、紅葉スポットである 秋山郷 の布岩で撮影した紅葉写真記事になります。 秋山郷は長野県の最北端に位置しており、北上するルートでいくと新潟県を通ってのアクセスとなります。 千葉県民からしてみると長野県ってだけで秘境なのに、その中でも更に秘境である秋山郷。初めて訪れた際には只々、絶景が広がっており、ワクワク感が止まりませんでした。 秋山郷について 秋山郷は苗場山北西麓に位置しており、長野県栄村と新潟県津南町にまたがる中津川沿いの地域の総称です。日本の秘境100選 ...

続きを読む

カメラ

2018/9/13

自分に合う機材はどんなカメラ?カメラ機材を買い漁って気づいた事

こんばんは。 最近新製品がどんどん出まくっているカメラ市場 特にNIKON、CANONからフルサイズミラーレス機が発売されたのはある意味、過度期でもあります。 またSONYのミラーレスα7シリーズにもタムロンやシグマがレンズ開発に参入してきたりと、ボディ・レンズ共に市場が潤ってきています。数年前まではF4通しのレンズ1本しか無かった、標準ズームレンズが今や5本位選択肢があるくらいですから・・・。 そんな渦中のミラーレスユーザーの一人である自分ですが、この2018年のビッグウェーブに乗るべきなのか否か 当方 ...

続きを読む

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-告知

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.