Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

告知 SNS関連

ナショジオが運営する写真SNS Your Shot を始めました

投稿日:2017年2月23日 更新日:

ナショジオ


こんばんは。
ココ数日ブログもTwitterも音沙汰が無い状態ですが、生きてます( ゚∀゚)・∵.

写真SNSといえばInstagramですが、そんな自分はInstagramをやってません。

正確に言うとやってたけど辞めてしまいました・・・。

写真を無断利用されたのが大きな理由ですが、それ以外にも
ユーザー同士で写真を褒め称え合うスタイルが自分には合いませんでした。

「あの写真が沢山イイねもらう理由がよくわからない」

見られたもん勝ちな部分が大きい写真SNS

見てもらうためにはSNSにおける外交的な活動が必要になります。
※例) いいねやコメントのやりとり、人気インスタグラマーとのやりとり等

いい写真こそ評価されるべきじゃないのか
そういう目的をもって始めたフォトコンテストの活動もあるため、どうしてもそのスタンスがInstagramでは崩せず終いでした。

そして見ていて不思議とイライラしてしまったのも写真SNSから遠ざかっていた要因なのかもしれません。

そして何より写真を身近に共有出来るのがInstagramの売り

写真に対する温度差を強く感じてしまったのが、Instagramをやらない一番の理由なのかなと今では思います。

ナショジオが運営する Your Shot について

Your Shotとは?

そんな自分でしたが、フォトコンテストのような感覚で利用が出来るSNSの存在を知りました。

それがNational Geographic(以下ナショジオ)が運営する写真SNS Your Shot です。

1888年創刊で世界850万人が読むNational Geographic誌
そのナショジオが運営する写真サイトなので、相当なアクセス数が世界中であります。

そして審美眼のある「ナショジオ」編集者の眼に留まると、
ナショジオのWebサイト上で多数の編集者による色々なコーナーに、自分の写真が選ばれ、掲載されるまでに至ります。

ナショジオ2

※選ばれると上記の2つの項目にピックアップされる

上記で書いたように、沢山の人に観てもらうためには膨大な投稿数からピックアップされる必要があります。

よって「Editors' Favorites」と「DAILY DOZEN」が重要で、特に「DAILY DOZEN」は重視すべきです。
とは言え「Editors' Favorites」に選ばれるのも大変です。

「Editors' Favorites」と「DAILY DOZEN」に選ばれる割合と難易度

サイトで確認すればわかるのですが、
2017年2月23現在、Your Shotのサイトには 7,215,653枚の写真が投稿されています。

世界中の写真家が投稿しているだけあって、質も量も素晴らしいです。

肝心の「Editors' Favorites」と「DAILY DOZEN」の割合ですが
「Editors' Favorites」・・・36,786枚
→ 0.51%

「DAILY DOZEN」・・・28,692枚
→ 0.40%

どちらも1%切っております・・・\(^o^)/

他のSNSとは違い外交要因が全く無い中、手厳しい編集者に写真をピックされるには
純粋に写真での勝負になります。

そして膨大な投稿数

正にちょっとしたフォトコンテストのフィールドにもなりつつあります。

また年間に幾つか有料で行われるフォトコンテストもあるらしいので、そちらもチャレンジしていけたらと考えています。

※2017年2月19日に放送された「情熱大陸」に出演された写真家 井上浩輝さんは
 2016年度のナショジオフォトコンテストネイチャー部門で、日本人初の1位に輝いて注目された方になります。

始めて3日・・・「Editors' Favorites」に選ばれた

投稿

下灘駅での夕景写真を投稿して数日、「Editors' Favorites」に選ばれました

選ばれるとこんな感じでmailが飛んできます

ナショジオ Your Shot の自分のページリンクへ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://yourshot.nationalgeographic.com/profile/1454465/#editors-favorites

選ばれた感想としてはあっさりした感が否めない

とは言え、思い入れのある写真だったので観てる人は観ているのだなと実感

こんな感じでぼちぼち Your Shot でも活動していけたらと思います。

まとめ

プロ、アマチュアの写真家が集う Your Shot

ナショジオ経由で有名になった写真家が多いため、真剣に写真家としての活動の場としてはチャレンジする価値はあるかと思います。

自分はあまり投稿してませんが、気が向いたらぼちぼちやっていこうと考えてる次第です。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ランキングへ参加しています。良ければボタンをポチッとお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

新着記事一覧

新着記事一覧

風景

2018/9/21

初日の出が日本で一番早く見れる場所!犬吠埼灯台 へ行ってきた

こんばんは。 今回更新するのは日本で一番早く初日の出が拝める場所 犬吠埼 の紹介記事になります。 犬吠崎は千葉県銚子市にある利根川の河口に近くにあり、岬には「世界灯台100選」にも選ばれた犬吠埼灯台が存在します。 また変わった色のポストがあることでも有名?だったりします。 犬吠埼について 犬吠埼は銚子半島の最東端、太平洋に突き出た岬になります。岬を囲う三方には海に囲まれており、高さ約20mの海食台地の突端、海抜52mの白亜の灯台が設置されています。 犬吠埼灯台は犬吠埼の探勝の中心地にあります。光遠距離19 ...

続きを読む

コンテスト

2018/9/20

第5回住友不動産販売 ステップフォトコンテスト にて 協賛会社賞 頂きました

タイトル:天空のオアシス SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM ISO 50 焦点距離132mm F13 シャッター速度 6秒 2018年5月に応募したこの作品 住友不動産が主催するStepフォトコンテストにて協賛会社賞を頂きました。 Web上での応募形式である当フォトコンテストですが、SNSで活動されている写真家には人気のあるフォトコンテストらしく、入選結果には見たことある名前がちらほらありました。 応募総数は36,975点とかなり多く、恐らく自分が応募したフォトコンテストでは過去 ...

続きを読む

写真展

2018/9/18

写真家 辰野清 の写真展「余韻」へ行ってきました

こんばんは。 先日都内で行われている、写真家 辰野清 氏の写真展「余韻」へ見てきました。 場所は東京丸の内の方にあるFUJIFILM Imaging Plaza。 自分が訪れたときは会館時間ギリギリだったのもあり、人混みは少なくじっくり作品を見ることが出来ました。 今回写真展を観た感想を綴ってみたいと思います。 写真家 辰野清 とは? 写真家 辰野清 氏は長野県岡谷市出身の写真家で、長野を拠点に撮影をされている風景写真家になります。元々子供を撮るためにカメラを手にしたわけですが、そこから本格的に風景写真を ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 戸隠 にて 鏡池 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の紅葉スポットであり、絶景スポットである 戸隠 にある 鏡池の撮影記事になります。 戸隠の紅葉といえばこの鏡池ですが、長野県有数の撮影ポイントであり観光スポットでもあります。またハイシーズンはマイカー規制もあるため、ハイシーズンに紅葉を撮るとなると色々と大変だったりします。 今回訪れたときは晩秋と呼ばれる時期だったためマイカー規制も緩やかでした。 戸隠と鏡池について 鏡池は長野市の戸隠高原にあります。名前の通り、戸隠の山々が鏡のように水面に映り込む新緑と紅葉の絶景スポッ ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 秋山郷 より 布岩 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の秘境であり、紅葉スポットである 秋山郷 の布岩で撮影した紅葉写真記事になります。 秋山郷は長野県の最北端に位置しており、北上するルートでいくと新潟県を通ってのアクセスとなります。 千葉県民からしてみると長野県ってだけで秘境なのに、その中でも更に秘境である秋山郷。初めて訪れた際には只々、絶景が広がっており、ワクワク感が止まりませんでした。 秋山郷について 秋山郷は苗場山北西麓に位置しており、長野県栄村と新潟県津南町にまたがる中津川沿いの地域の総称です。日本の秘境100選 ...

続きを読む

カメラ

2018/9/13

自分に合う機材はどんなカメラ?カメラ機材を買い漁って気づいた事

こんばんは。 最近新製品がどんどん出まくっているカメラ市場 特にNIKON、CANONからフルサイズミラーレス機が発売されたのはある意味、過度期でもあります。 またSONYのミラーレスα7シリーズにもタムロンやシグマがレンズ開発に参入してきたりと、ボディ・レンズ共に市場が潤ってきています。数年前まではF4通しのレンズ1本しか無かった、標準ズームレンズが今や5本位選択肢があるくらいですから・・・。 そんな渦中のミラーレスユーザーの一人である自分ですが、この2018年のビッグウェーブに乗るべきなのか否か 当方 ...

続きを読む

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-告知, SNS関連

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.