Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。RICOH GR3 でも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

風景

スノーモンキーパーク!厳冬期の長野県 地獄谷温泉で温泉に入る猿を撮る


こんばんは。

今回更新するのは、真冬の時期に温泉に入る猿が居ることで有名な長野県の地獄谷温泉での撮影記事になります。

実は過去に何度か訪れたことがあり、3年前の冬に一度撮影したことあるのと、2年前の秋にも一度訪れた感じになります。

過去に訪れた記事はコチラから

雪が身体に積もりながら温泉に入るを撮りたくて、訪れる時期を吟味しました。その結果撮れたのがトップ画の1枚です。

この1枚を撮るべく、訪れる際に考えたことや気づいたことを綴っていければと思います。

ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m

地獄谷温泉(じごくだにおんせん)について

地獄谷野猿公苑は、長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉にある野性のニホンザルの保護および観察を行っている野猿公園です。冬場、温泉にサルが浸かる事で有名で、国際的な観光地にもなっております。

1964年開苑以来、ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所として、温泉に入るサルとして、広く世界中の人々に愛されています。

地獄谷野猿公苑の猿達が温泉に入るのはサルたちが厳しい冬の寒さをしのぐためだとの事。

温泉に入ることは彼らの生活のほんの一部分なんでしょうね。なので、温暖な時期には積極的に温泉には入らないです。

年中、四六時中、必ず温泉に入っているわけではないと言われるのが頷けます。

撮影した写真たち

集団で入浴中

SONY α9 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 320 焦点距離209mm F11 シャッター速度 1/200秒

こんな感じでお猿ちゃんたちは温泉に入ります。温泉の周りには人間が写真を撮るべくカメラを構えてる感じ。人の目を気にせず、自由にのらりくらりやってるのがここの猿たちの生態系になります。

たまにボス猿が訪れて温泉から猿が居なくなることもしばしば・・・。このカオスな状況から作品となる瞬間を狙うべくひたすら待機します。

温泉入っててもひたすらやるのは毛づくろい

SONY α7R3 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 320 焦点距離400mm F5.6 シャッター速度 1/1600秒

SONY α7R3 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 320 焦点距離259mm F5.6 シャッター速度 1/320秒

SONY α9 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 320 焦点距離218mm F5.6 シャッター速度 1/640秒

SONY α9 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 320 焦点距離235mm F8 シャッター速度 1/250秒

お猿ちゃん達をずーっと観察してるとわかるんですが、ひたすら時間があったら毛づくろいをしてます。ライフワークなのか?と思わせるくらい毛づくろいをします。

ネットでぐぐってみるとどうやら、不安を解消するために毛づくろいをしてるとの事。ある意味ストレス解消行為になるのかな・・・。でも見ているコチラ側もほっこりするようなシーンが多いので、毛づくろいする行為は大賛成です。

絵になる瞬間をただひたすら狙う

SONY α7R3 FE 135mm F1.8 GM
ISO 125 焦点距離135mm F4 シャッター速度 1/640秒

SONY α7R3 FE 135mm F1.8 GM
ISO 125 焦点距離135mm F4 シャッター速度 1/640秒

SONY α9 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 320 焦点距離141mm F5.6 シャッター速度 1/320秒

空いてる時間はひたすら毛づくろいをしている彼らですが、少し時間を置いてみると別の行動を取ってたりします。特に温泉のお湯を飲みだしたり、ひたすら叫ぶ猿とかも居て、彼らを見てて飽きません。

また家族団らんぽく母猿の周りに集まって温泉にはいる姿は見ていてほっこりします。

この日のマイベストたち

SONY α7R3 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 400 焦点距離400mm F5.6 シャッター速度 1/1000秒

SONY α9 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 320 焦点距離400mm F5.6 シャッター速度 1/400秒

SONY α9 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 500 焦点距離400mm F5.6 シャッター速度 1/400秒

SONY α9 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 320 焦点距離400mm F5.6 シャッター速度 1/640秒

この日狙っていた「雪が身体に積もりながら温泉に入る猿」は無事撮れました。暖冬と呼ばれた2019-2020シーズンでしたが、今回は豪雪のタイミングを狙って出撃。なんとか1枚目の瞬間を収められたのでした。

しかし豪雪のタイミングなだけあって、少し撮影に集中すると身体にも雪が積もります。

自分の場合、身の回りの装備は全て真冬装備なのであまり気にはなりませんでしたが、観光目当てで訪れる人からしてみると一気に身体が濡れてしまう状況であること間違いなし。

長時間撮影を狙う際は真冬装備である事をオススメします。

帰り道に出会った猿たち

SONY α9 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
ISO 320 焦点距離177mm F11 シャッター速度 1/320秒

SONY α7R3 FE 135mm F1.8 GM
ISO 125 焦点距離135mm F1.8 シャッター速度 1/3200秒

帰り際にあったお猿ちゃん達。1枚目は雪に巻かれたご飯をひたすらホリホリしてる様子。秋のシーズンには見られない光景でした。

2枚目は風天の○さん的なノリのお猿ちゃん。葉っぱを掴んでひたすら口元をコリコリしてました。地獄谷のお猿ちゃん、どの行動をとっても見てて和みます。

撮影地について

撮影の時期に関して

今回訪れたのは2020年の2月某日。この日の天候は大荒れ予報で、利用したバスと電車は遅延状態。しかし撮れ高考えるとコレくらい大荒れでも良かったかもしれません。

猿に餌やりを行う時間が1日に2回あるのですが、その前後には必ず猿達が居るイメージです。

猿が温泉に入るタイミングについて

今年は暖冬の影響もあり、例年に比べて温泉に入ることが少なかったお猿ちゃんたち。

毎日ライブカメラとにらめっこして彼らが温泉にはいるタイミングを分析してみました。その結果以下の点に気づきました。

・温泉に入るのは氷点下以下の気温状況であること

・雪が降っていても氷点下の気温にならない限りは入らない

・餌やりのタイミングには温泉に入らない

・AM11時~PM2時頃には温泉周りに居る

特に1つ目が大事で、今年の地獄谷温泉は日中氷点下になることが少なかったです。そのため温泉に入らないという場面が多かったわけですが、真冬の2月だったら関係ないっしょ!という考えは捨てましょう。

冷静に考えて、人が温泉入りたい時をイメージするとわかります。寒い時じゃないと湯船には浸かりたくないですよね、つまりお猿ちゃんたちにとってその境目の温度が氷点下付近という話です。

あーだこーだ書いてみましたが、温泉に入るお猿ちゃんを見たかったら兎も角寒い日、早い時間帯に訪れることを勧めます。

機材について

今回は100-400mmと135mmをメインに撮影してきました。

エリアによっては400mmくらいないと駄目な場面もあれば、近づけるところでは135mmが活躍したりと何とも言い切れない焦点距離です。

過去70-200mmだと物足りない場面が少し合ったので、万全を期するなら、100-400mmのレンズがあるとハッピーかもしれません。

また豪雪のタイミングだとAFが効かなくなるため、MFでしっかり撮れるよう意識しましょう。α9でもAFが迷子になることが少しありました。

アクセスについて

【住所】
〒381-0401
長野県下高井郡山ノ内町平穏6845

【関連ページ】

【ライブカメラ】

【Google Map】

まとめ

以上が真冬の地獄谷温泉の撮影記事になります。色々と気づいたことを書いてみました。

3回訪れて3回ともお猿ちゃんに会えてる訳ですが、実は他の人に聞いてみると中々普段は会えない模様です。

確かにライブカメラを覗いてると一日温泉が空いてる状態も存在してるため、訪れる際はしっかりリサーチすることを勧めます。

この記事が地獄谷温泉へ訪れようとしてる方々に役立てれば幸いですm(_ _)m

ご拝読ありがとうございました。

関連記事

風景

2020/3/9

スノーモンキーパーク!厳冬期の長野県 地獄谷温泉で温泉に入る猿を撮る

こんばんは。 今回更新するのは、真冬の時期に温泉に入る猿が居ることで有名な長野県の地獄谷温泉での撮影記事になります。 実は過去に何度か訪れたことがあり、3年前の冬に一度撮影したことあるのと、2年前の秋にも一度訪れた感じになります。 過去に訪れた記事はコチラから 雪が身体に積もりながら温泉に入るを撮りたくて、訪れる時期を吟味しました。その結果撮れたのがトップ画の1枚です。 この1枚を撮るべく、訪れる際に考えたことや気づいたことを綴っていければと思います。 ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m 地獄谷温泉 ...

ReadMore

朝景

2019/7/18

朽ちていく立ち木の神秘!長野の絶景スポット 自然湖 で朝もやを撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の絶景スポット 自然湖で撮る朝景の記事となります。 朽ち木のポイントとして有名なのが北海道にある青い池ですが、実は北海道以外にも朽ち木のポイントは幾つかあります。そして大事になってくるのが朽ち木と一緒に何が撮れるのかという点。 今回ご紹介する自然湖では朝もやと一緒に撮ることが可能です。そして一年通じて色々な景色を見せてくれるのもこの自然湖の魅力なのでは?と思います。 自然湖について 自然湖は長野県木曽郡王滝村の奥地に位置しており、長野県の中でも、かなりの山奥に存在します ...

ReadMore

風景

2019/3/24

長野県の桜撮影スポット!松本にある 安養寺 にてしだれ桜を撮る!

こんばんは。 今回更新するのは長野県の松本エリアにある桜の撮影スポット、安養寺で撮影した枝垂れ桜の記事となります。この撮影地の特徴としては寺の真横にある田んぼに水が張る事で、しだれ桜とリフレクションを撮ることが出来ます。 この日は曇り日でしたが、天候関係なしに見応えのあるしだれ桜が眼の前に広がっていたのでした。 またカメラマンに人気の撮影地なだけあって、この日もカメラマンが多かった気がします。とは言え、場所の譲り合いが発生してたりして終始和やかな感じで撮影が出来た気がします。 安養寺(あんようじ)について ...

ReadMore

風景 夜景

2019/3/22

長野県の桜撮影スポット!飯田にある 杵原学校 で一本桜を撮る!

こんばんは。 今回更新するのは長野県の桜スポットである、杵原学校の枝垂れ桜(一本桜)を撮影した記事になります。 桜の種類としては枝垂れ桜の部類になります。またこの学校は1985年に廃校とされており、そのまま文化遺産として残されている経緯があります。校舎と立派な一本桜の写真となると、日本でこの場所位じゃないでしょうか ロケーションとしても珍しい撮影スポットになります。 杵原(きねはら)学校と一本桜について 長野県飯田市にある杵原(きねはら)学校の正式名称は「旧山本中学校杵原(きねはら)校舎」で、1985年に ...

ReadMore

風景 夜景

2019/3/22

長野県の桜撮影スポット!飯田にある 増泉寺 で一本桜を撮る!

こんばんは。 今回更新するのは長野県の桜スポットである、増泉寺の一本桜を撮影した記事になります。 桜の種類としては枝垂れ桜の部類になります。樹高が高く、そこから枝垂れる桜は「天蓋桜」と呼ばれ見事な姿を見せてくれます。住宅地の中にあるため、アクセスは大変ですが初めて訪れた際には「おお!」と声が思わず出てしまう立派な一本桜があったのでした。 増泉寺とエドヒガン桜について 天蓋のように庭内を包み込む見事な樹形のエドヒガン桜。樹齢約300年で樹高18m、幹周り4mあると言われています。そしてこの桜がある増泉寺は曹 ...

ReadMore

風景

2020/3/9

長野の撮影スポット 地獄谷野猿公苑 にお猿ちゃんを撮りいきました

こんばんは。 先日長野に訪れた際、地獄谷へ行ってきました。 地獄谷といえば「温泉に入る猿」で有名な撮影地。温泉に入るお猿さんが見れるのは日本の地獄谷のみ。 秋の紅葉シーズン、地獄谷のお猿達はどのような感じなのか?色々と綴ってみたいと思います。 地獄谷(じごくだに)について 地獄谷野猿公苑は、長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉にある野性のニホンザルの保護および観察を行っている野猿公園です。冬場、温泉にサルが浸かる事で有名で、国際的な観光地にもなっております。 1964年開苑以来、ニホンザルの興味深い生態を間 ...

ReadMore

風景

2019/4/1

長野の絶景スポット 茅野市にある 御射鹿池 にて紅葉を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野の絶景スポットであり、紅葉スポットでもある御射鹿池の記事になります。 この御射鹿池、過去にはテレビCMでも使われた場所でも有り、観光客を始め写真家が集う場所でもあります。 ココでの景色で有名なのが新緑の景色で、朝靄が出ている中見れる景色は正に幻想的でジブリの映画にも出てきそうな雰囲気があります。 御射鹿池(みしゃかいけ)について 御射鹿池(みしゃかいけ)は、長野県茅野市豊平にあるため池です。 池の周辺は八ヶ岳中信高原国定公園に指定されており、2010年3月25日には農林水 ...

ReadMore

朝景

2019/3/31

長野の紅葉スポット 横手山のぞき より 紅葉 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野、及び群馬の紅葉スポットである 横手山のぞき にて撮影した紅葉記事になります。 この横手山のぞきは志賀高原の近くにあるのですが、位置的には雲海スポットである渋峠にも近い場所になります。 この日は渋峠で雲海を撮影してから、横手山のぞきで紅葉を撮影する人が多かった気がします。峠道に膨大な車の量があるため、渋峠での日の出は諦めました\(^o^)/ そこでウロウロして見つけたのがこの横手山のぞきから観る紅葉風景だったのです。 横手山のぞきについて 横手山のぞきは長野県下高井郡の志 ...

ReadMore

風景

2018/9/15

長野の紅葉スポット 戸隠 にて 鏡池 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の紅葉スポットであり、絶景スポットである 戸隠 にある 鏡池の撮影記事になります。 戸隠の紅葉といえばこの鏡池ですが、長野県有数の撮影ポイントであり観光スポットでもあります。またハイシーズンはマイカー規制もあるため、ハイシーズンに紅葉を撮るとなると色々と大変だったりします。 今回訪れたときは晩秋と呼ばれる時期だったためマイカー規制も緩やかでした。 戸隠と鏡池について 鏡池は長野市の戸隠高原にあります。名前の通り、戸隠の山々が鏡のように水面に映り込む新緑と紅葉の絶景スポッ ...

ReadMore

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 秋山郷 より 布岩 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の秘境であり、紅葉スポットである 秋山郷 の布岩で撮影した紅葉写真記事になります。 秋山郷は長野県の最北端に位置しており、北上するルートでいくと新潟県を通ってのアクセスとなります。 千葉県民からしてみると長野県ってだけで秘境なのに、その中でも更に秘境である秋山郷。初めて訪れた際には只々、絶景が広がっており、ワクワク感が止まりませんでした。 秋山郷について 秋山郷は苗場山北西麓に位置しており、長野県栄村と新潟県津南町にまたがる中津川沿いの地域の総称です。日本の秘境100選 ...

ReadMore

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とRICOH GR3。1年半ほどフィルムカメラで撮影もしてました。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-風景
-, , , ,

Copyright© Photo Fieldworks , 2020 All Rights Reserved.