Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

雑記

2018年 抱負

投稿日:2018年1月14日 更新日:


明けましておめでとうございます。
2018年も宜しくお願いします。

2017年の年末年始は体調崩したり、トラブル起きたりと中々酷いものでしたが、2018年は比較的穏やかな年明けとなりました。

初日の出も久々に撮れたのと、雲海と共に撮影出来たため、清々しい気分で2018年開幕です

良い幕開けを維持しつつ、2018年結果が残せる年に出来たらいいなと。

2017年に引き続き、2018年も抱負を語ってみようかと思います。

ブログ関連

2017年6月までに130記事更新

昨年からブログの更新が疎かになってしまったので、今年はきっちり現実的な数字を目標として追いかけようかと思います。

6月までに130記事の投稿
現状が60くらいなので、約2倍です

1ヶ月に10記事更新すれば達成の域なので、割りかし現実的かな・・・
撮影スポットの紹介だけでなく、色々な内容のコンテンツを更新出来ればと思います。

ポートフォリオページを作る

SNSの活動が控えめな自分にとって、写真を公開する場が殆ど無かったりします。

あってもブログの記事か、コンテストの結果位です。

今年は自分の作品を観てもらうために、このブログを軸に色々と施策します。

その第一弾としてポートフォリオページの作成。

グローバルメニュー上にアルバムカテゴリは出来てるので、写真を厳選してアップすれば観れる仕組みです。

幸いプリントのアルバムを他人に見せる機会があるので、それの内容を軸にアップしようかなと考えてます。

最初は40枚アップして、そこから徐々にカテゴリを設けて、写真をアップしていくというプランです

そうすればブログ + HPのいいとこ取りがこのサイトで成り立ちます。
それに併せてサイトのUIも上手く改修していけたらなと。

アクセス数を意識したブログページの改修

このブログのデザインは、フリーのテーマを少し改修した形となっています。
間に合わせのサイト設計となっているため、どーしても見にくかったり、他の方が見るにあたって魅力的ではないサイトなのかなと個人的に思っています。

自分が良いと思えないサイトが、他人からしても良いサイトなワケがないです。
2018年はそこをクリア出来たら良いなと。

自分の理想とするサイトづくりを目指して2018年は頑張ります。

写真ブログ仲間を作る

何かを続けるという意味では、やはり仲間の存在は大きいなと。

そういう意味で写真ブログ繋がりの交流も持ちたいなと思ってます。

とは言え、シャイだし、マメでもないので、大したことは出来ないでしょうが・・・。

積極的に他人のブログを見てコメントする所から始めようかと思います。

写真活動関連

大規模なフォトコンテストでの入賞・入選

昨年も同じテーマを目標に取り組みましたが、結果は思ったより出なかったのが現実です。

富士フィルムフォトコンテスト・・・×
JPS公募展・・・×
JPA公募展・・・入選
カメラのキタムラ・・・2016年、2017年入選

敗因としては、規模問わず色々なコンテストに応募しすぎて、意識が分散しすぎたのが原因かなと。

たった1年で色々な規模のコンテストで上位入賞するなんて、確率的にかなり難しいです

片っ端から応募するのは正にその状態で、非常に反省すべき点だったなとも思っています

今年は闇雲に応募は辞めて、写真としっかり向き合った上で応募していきます

取り敢えず直近のJPS公募展あたりから取り組みたいです

写真家としての代表作品・コンテンツの確立

写真を作品として撮ってる以上、他人に観てもらうのが終着点だと個人的には思っています

理想は写真展みたく、1枚1枚と向き合ってもらえるような見せ方仕組みを作るべきですが、中々難しいものです

とは言え、InstagramやTwitterみたく、小さい画面でスクロールしながらの見られる形の写真公開は避けたい

そうなると、写真をプリントしてアルバムを観てもらうか、魅力的なサイトを作って写真をじっくり観てもらうか等の手段になります

取り敢えず、プリントしたポートフォリオと、サイト上でのポートフォリオを作り込むのを目標に動きます

冬場の撮影に力を入れる

ただ単に、被写体への好奇心が冬の時期に偏ってるだけです笑

雪景色が好きなのと、この時期の都市夜景を撮るのが好きだったりします

昨年は色々と欲張りすぎて撮影に行ってた節があったので、今年はピンポイントに攻めていこうかなと思います
そのためまずは自分の撮りたい被写体をセレクトしてからの撮影プランです
※今のところ春の桜は撮らない予定です

また撮影に行ってない間はコンテンツの更新だったり、友達と出掛けたり、別の部分に時間を避けれたらなと

ガムシャラに撮影行ったからって、いい作品が撮れるとは限らないと個人的には考えてます

海外のSNS をしっかり取り組んでみる

以前登録した 500pxYour Shot(ナショジオの写真SNS) を今年はしっかりやってみようかと思います

Your Shot ではEditorFavoriteは2点程選ばれたものの、Daily Dozen には選ばれたことはまだ無いです

500px は投稿すらしたこと無いです・・・。

ただ、どちらのSNSのEditorもInstagramみたく、どこぞのよくわからないアマチュアがやってるのと違うので少なくともやり甲斐はあるかな、と。

何故2つのSNSをやるのかはまた別の機会に投稿します。

投稿ルールとしては決まった周期、決まった時間に投稿する予定です。

この手のものは一喜一憂せず、機械のように取り組みに限ります。

紙でのアウトプットをゴールに写真を撮る

紙でのアウトプット = 写真 という定義で自分の中に落ち着いたからです。

デジタルカメラで撮影したものはプリントしない限り画像であり、フィルムで撮影したものも、プリントする前はフィルムの原版であるという認識です。

フィルムカメラも、デジタルカメラも、撮影したものを紙に出してこそ写真なのです。

フィルムカメラで何を表現したいのか、デジタルカメラで何を表現したいのか、少しずつ自分なりの答えが見えてきたので後は突き進むのみです。

色々な作品を見る

フィルムカメラを始めたことで、色々な作品を見たいという意識が出てきました。

特にフィルムならではの作風表現の中で、スナップをメインにポートレートも撮れたらと自分は考えてます。

勿論デジタルで風景も撮影を続けるので、風景のジャンルに囚われる事なく、幅広い作風を見くつもりです。

その人が何故、他人に見せたい、伝えたいと思った作品なのか、そこまで汲み取る事ができるようなレベルになりたいです。

そのためにはやっぱり写真展を訪れて、撮影者と会話がベストでしょうか・・・。色々な写真展に見に行く予定です。

フィルムカメラの作品撮り

風景写真ばかりデジタルカメラで撮影していた自分ですが、現像のゴールはナチュラルに仕上げて、自然の美しさを表現するというところでした。

感動した美しい非日常の写真、そんな作風ばかりだったと思います。

ただ色々な写真を観ていくうちに、そういった表現だけではないことに気づきます。

情緒的な表現だったり、アーティスティックな表現だったり、人が感動するきっかけは自分が撮り続けてきた「美しい」だけではないからです。

フィルムカメラで撮影する写真はそういった「美しい」以外の部分の訴え方が出来ればなと思ってます。

自分がフィルムカメラの作風を観たときに初めて感じたのが、情緒的な写りをするなぁって部分でした。

特にモノクロ写真は全然印象が変わってきます。カラーデータをモノクロデータに変換したデジタルとはわけが違います。

とは言えまだまだ撮影数が少なすぎるので、あまり深くは語れませんが、自分の感じた可能性を信じてフィルムカメラで撮影していきたい。

最終的な位置づけとしてはフィルムカメラは記憶に訴えかける写真撮りで、デジタルカメラはネイチャーのドキュメンタリー寄りの写真撮りという切り分けって感じでしょうか。

自分が何を表現したいのか

そこをしっかり見据えた上でフィルムとデジタル、それぞれ撮影していきたいですね

機材関連

フィルムシステムの構築

スナップやポートレート等、ピンポイントに焦点を絞って撮影する事が増えるので単焦点メインに構築しようかなと。

まずは135mm、あとは自分のお気に入りのフィルムを見つける って流れでしょうか・・・。

独特なボケを叩き出すヘリオスとかも気になったりしますが、当面購入予定は無いです

フィルムのデジタル化

フィルムの作品は紙に出してナンボだとわかりきってはいるのですが、どうしても写真をアップするとなるとデジタル化は避けれない

スキャナーの購入を最初は考えてましたが、色々と弊害があるためマクロレンズでフィルム原版撮影に落ち着きそうです。

カラーキャリブレーション

EPSONのプリンター購入して1年経ちますが、実はモニターのカラーキャリブレーションしてなかったり。。。

そのためいつも都度現像データの調整で合わせてしまいます。

紙の場合それでいいのですが、モニター越しで作品公開とかになると、モニターの調整もしっかり意識する必要があります。

トータル的にモニターのカラーキャリブレーションは色々とメリットにつながるので、新規のモニター購入検討も踏まえて着手したいところです

まとめ

2017年に比べて大分ディープなところまで目標を設定して綴ってみました。

それだけ思いはあるのですが、如何せん結果が出るかはまた別問題\(^o^)/

気負わず、着々と達成出来ればイイかなと。そんな過程をこのサイトで更新していきたいです。

改めて2018年も宜しくお願いしますm(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

新着記事一覧

新着記事一覧

風景

2018/9/21

初日の出が日本で一番早く見れる場所!犬吠埼灯台 へ行ってきた

こんばんは。 今回更新するのは日本で一番早く初日の出が拝める場所 犬吠埼 の紹介記事になります。 犬吠崎は千葉県銚子市にある利根川の河口に近くにあり、岬には「世界灯台100選」にも選ばれた犬吠埼灯台が存在します。 また変わった色のポストがあることでも有名?だったりします。 犬吠埼について 犬吠埼は銚子半島の最東端、太平洋に突き出た岬になります。岬を囲う三方には海に囲まれており、高さ約20mの海食台地の突端、海抜52mの白亜の灯台が設置されています。 犬吠埼灯台は犬吠埼の探勝の中心地にあります。光遠距離19 ...

続きを読む

コンテスト

2018/9/20

第5回住友不動産販売 ステップフォトコンテスト にて 協賛会社賞 頂きました

タイトル:天空のオアシス SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM ISO 50 焦点距離132mm F13 シャッター速度 6秒 2018年5月に応募したこの作品 住友不動産が主催するStepフォトコンテストにて協賛会社賞を頂きました。 Web上での応募形式である当フォトコンテストですが、SNSで活動されている写真家には人気のあるフォトコンテストらしく、入選結果には見たことある名前がちらほらありました。 応募総数は36,975点とかなり多く、恐らく自分が応募したフォトコンテストでは過去 ...

続きを読む

写真展

2018/9/18

写真家 辰野清 の写真展「余韻」へ行ってきました

こんばんは。 先日都内で行われている、写真家 辰野清 氏の写真展「余韻」へ見てきました。 場所は東京丸の内の方にあるFUJIFILM Imaging Plaza。 自分が訪れたときは会館時間ギリギリだったのもあり、人混みは少なくじっくり作品を見ることが出来ました。 今回写真展を観た感想を綴ってみたいと思います。 写真家 辰野清 とは? 写真家 辰野清 氏は長野県岡谷市出身の写真家で、長野を拠点に撮影をされている風景写真家になります。元々子供を撮るためにカメラを手にしたわけですが、そこから本格的に風景写真を ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 戸隠 にて 鏡池 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の紅葉スポットであり、絶景スポットである 戸隠 にある 鏡池の撮影記事になります。 戸隠の紅葉といえばこの鏡池ですが、長野県有数の撮影ポイントであり観光スポットでもあります。またハイシーズンはマイカー規制もあるため、ハイシーズンに紅葉を撮るとなると色々と大変だったりします。 今回訪れたときは晩秋と呼ばれる時期だったためマイカー規制も緩やかでした。 戸隠と鏡池について 鏡池は長野市の戸隠高原にあります。名前の通り、戸隠の山々が鏡のように水面に映り込む新緑と紅葉の絶景スポッ ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 秋山郷 より 布岩 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の秘境であり、紅葉スポットである 秋山郷 の布岩で撮影した紅葉写真記事になります。 秋山郷は長野県の最北端に位置しており、北上するルートでいくと新潟県を通ってのアクセスとなります。 千葉県民からしてみると長野県ってだけで秘境なのに、その中でも更に秘境である秋山郷。初めて訪れた際には只々、絶景が広がっており、ワクワク感が止まりませんでした。 秋山郷について 秋山郷は苗場山北西麓に位置しており、長野県栄村と新潟県津南町にまたがる中津川沿いの地域の総称です。日本の秘境100選 ...

続きを読む

カメラ

2018/9/13

自分に合う機材はどんなカメラ?カメラ機材を買い漁って気づいた事

こんばんは。 最近新製品がどんどん出まくっているカメラ市場 特にNIKON、CANONからフルサイズミラーレス機が発売されたのはある意味、過度期でもあります。 またSONYのミラーレスα7シリーズにもタムロンやシグマがレンズ開発に参入してきたりと、ボディ・レンズ共に市場が潤ってきています。数年前まではF4通しのレンズ1本しか無かった、標準ズームレンズが今や5本位選択肢があるくらいですから・・・。 そんな渦中のミラーレスユーザーの一人である自分ですが、この2018年のビッグウェーブに乗るべきなのか否か 当方 ...

続きを読む

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-雑記

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.