Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。RICOH GR3 でも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

カメラ

トラベラー三脚の雲台を買い替え!RRSのコンパクト雲台 BH-30LRを購入


こんばんは。

2020年、カメラ機材は購入しないと決めたものの、1ヶ月でその掟を破ったTaka0610です。

そんな自分が今回購入したのはトラベラー三脚用の雲台です。マーキンスのトラベラー三脚用雲台を約3年利用してたのですが、ノブシューのタイプの雲台が冬場の撮影にとても不便だったのを経験します。

特にめちゃくちゃ寒い中、小さなノブを回したかどうかを確認するのがとても苦痛でした。

自分にとってトラベラー三脚で求めてる要素としては、小さいながらもどんな条件下でもササッと準備が出来る部分です。

そうなると必然的にノブシューではなく、レバーシュータイプの自由雲台が必要となったのでした。

そしてレバーシュータイプの自由雲台といえばRRS(リアリーライトスタッフ)のブランド。LプレートもRRSを利用しているのもあり、必然的にRRSを購入するに至ります。

今回購入した自由雲台


今回購入したのは、RRS(リアリーライトスタッフ)のコンパクト雲台 BH-30LR になります。

5段階あるサイズ感の中で2番目に軽い雲台です。本製品はボールのロックを緩めた際の粘りを調整する機構「フリクションコントロール」はありません。

今までマーキンスの雲台で使えたフリクション機能が今回なくなるため、初めは違和感しかありませんでした。しかしそこはRRS製品。少し操作を覚えていくとシンプルなスタイルで操作が可能になりました。

大型のつまみがボールの固定、小さなつまみがパンの固定となります。

体感的にはボールをロックするつまみを完全ロック状態から90°だけ緩めたところが、自分のカメラ機材ではいい感じの固定具合となる事が判明。

もちろん70-200mm F2.8などの大型レンズでは更に追加で45°に抑えるなど身体に憶えさせる必要はありますが、フリクションコントロール用の専用ノブがないことはあんまり問題にならなそうです。

開封の儀

何度もRRSのプレートは購入しましたが、RRSの雲台を購入するのはこれが初めてです。雲台用の袋もしっかりあり、非常に丁寧な印象を受けました。

そして誇張されるメイドインUSAの文字が。U・S・A!U・S・A!

レバーシューの固定について

RRSのレバーシュー、実際に触れてみました。そして固定の形式が3段階に分かれている事がわかりました。写真の1枚目が開放の状態。プレートが入れられる形になります。

そして2枚目が半固定の状態。プレートがハマって入るものの、スライドして動かすことが可能です。

最後の3枚目がガッチリ固定された状態になります。基本的には1枚目の開放から動かしていき、3枚目の固定に落ち着かせるのが一般的な動作となります。

実際撮影で使ってみるとわかるのですが、この3段階形式のロックだと、ノブシューだとありがちだった締め忘れというのがありません。

スピーディーに三脚へカメラが設置可能に。後は真冬の撮影で試してみたいところです。

実際に使ってみた

α7R3 + バッテリーグリップ + SEL70200GMのセット。

耐荷重表記だと6.8kgまでいけます。理想は機材重量が耐荷重表記の3分の1に収められればしっかり固定がされます。今回の装備の総重量は2.5kg未満な感じですが、ブレることなくしっかり固定されてます。

ただ、1点気になった部分が。それは望遠レンズの場合、プレートの向きが通常と異なるのですが、大型つまみの部分がシュー部分に影響が出るということ。この写真から判断出来るのですが、つまみの部分が上部に出てるところが望遠レンズ装着の場合影響アリなのです。

まぁコレばかりは望遠レンズだけの話になるのと、基本的に望遠レンズを使うのはギア雲台の三脚なのであまり騒ぐことでもないかな。

使用用途次第では、このつまみのタイプの雲台は避けたほうが良いかもしれません。

まとめ

以上がRRS(リアリーライトスタッフ)のコンパクト雲台 BH-30LR のレビュー記事になります。

写真左が約3年利用マーキンスのトラベラー三脚用雲台。そして右が今回新しく購入した RRSのトラベラー三脚用雲台。バトンタッチな感じになりますが、RRSになっても末永く愛着を持って使い続けていきたいと思います。

長くなりましたが、本記事がRRSのコンパクト雲台の購入を検討してる方の役に立てれば幸いですm(_ _)m


関連記事

カメラ

2020/9/16

角型フィルターを新調!Haidaのフィルターホルダーシステムを購入しました!

こんばんは。 今回紹介するのは最近出てきた角型フィルターのブランド、Haida の角型フィルターの購入記事になります。 Lee、Nisi、KANI、Haidaと角型フィルターの市場もだいぶ成熟してきてると思います。 だいぶ前にNisiの角型フィルターを購入したにも関わらず、何故今再び角型フィルターシステムを新調したのか。 導入までの過程や使い勝手等、色々書いていきたいと思います。 ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m (今回画質については割愛します。色かぶり以外はどちらも大差がないという結論です。) ...

ReadMore

カメラ

2020/7/11

旅の記録を動画でも!今更ながら GoPro HERO 8を購入しました!

こんばんは。 先日、大人気アクションカムであるGoProを購入しました。 ずーっとスチールで撮影してた人間が、何故動画を撮影しだしたのか。何故アクションカムなのか。 また購入したものをご紹介できればと思います。 アクションカムが気になっている方、GoProの購入を検討している方の参考になればと思います。 ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m 写真一筋の人間が何故今更動画を撮ろうと思ったのか きっかけは仕事で動画撮影、編集に携わったから 2020年5月、コロナウイルスの影響で日本中に緊急事態宣言が発令さ ...

ReadMore

カメラ

2020/7/8

SONYがSEL1224GM(FE12-24mm F2.8 GM)を正式発表!

2020年7月8日、SONYが海外でSEL1224GM(FE12-24mm F2.8 GM)を正式発表しました。 日本での発売予定日は2020年8月7日とのこと。 掲載元は英語リンクになりますが、取り急ぎ仕様内容を整理してみました。整理してみるとかなり良さげなレンズでした! 以下レビュー内容に続きます。 ※追記:日本サイトでも正式発表されました! 発表されたSEL1224GMの仕様について ・防塵防滴を配慮した仕様 ・重さ:847g ・全長:137mm ・最大径:97.6mm ・出目金レンズ ・後玉に後部 ...

ReadMore

カメラ

2020/6/21

ギア雲台と自由雲台、それぞれ1年以上使ってみたのでレビューしてみる

こんばんは。 今回紹介するのは自由雲台とギア雲台の使用感についてです。 当方写真歴は7年近くなりますが、そのうち6年位は三脚の雲台がずーっと自由雲台でした。もう自分が写真の趣味にハマる頃には「自由雲台一択っしょ!」みたいなムーブメントが起きており、ギア雲台なんかは絶滅危惧種になりつつありました。 ただ、この数年はアルカスイス規格に応じたギア雲台が出てきました。ブランドで言うとARCA SWISSを初め、ココ最近でいうとLeo fotoが該当します。 特にLeofotoのギア雲台はコスパ含めコンパクトにまと ...

ReadMore

カメラ

2020/5/16

初めての一眼レフ・ミラーレスカメラに便利なカメラアクセサリーのご紹介

こんばんは。今回更新するのは買ってよかったカメラアクセサリのご紹介になります。 特に今回紹介するのは主にカメラメンテナンス用の消耗品がメインで、カメラ始めるにあたって絶対買って損は無い物です。 カメラ始めたてで右左もわからないような人向けの内容になるかと思います。ゆるりとお付き合いください。 Taka0610の撮影スタイルについて カメラアクセサリを紹介するにあたって必要なのが、紹介するやつは普段どういうロケーションで撮影してるねんという点。 当方、風景メインでたまにポートレートやスナップ撮影が入ってきま ...

ReadMore

カメラ

2020/4/19

購入して、半年!α9があまりにもいいカメラだったため再度レビューしてみる

こんばんは 。昨年末にSONYα9を購入したTaka0610です。 当方、このカメラを約5ヶ月近く使っているわけですが、想像以上に使いやすいカメラでした。 リンク 以前苦痛に感じていた2台体制も、今やスムーズに使い分けてます。どういった使い分けの仕方を7R3とα9で行っているのか。 色々綴ってみたいと思います。α9の購入を検討している方に参考なればと思います。ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m α7R3とα9の2台体制になった背景について 2台体制になった理由はこちらの記事でも書いてますが、簡潔にま ...

ReadMore

カメラ

2020/3/14

α7 最高の望遠レンズ!SEL70200GMを2年半使ったのでレビューしてみる

こんばんは。今回更新するのはSONY α7シリーズでお馴染みの望遠レンズSEL70200GMのレビュー記事になります。 前回初めて機材レビュー記事ということでSEL50F14Zを取り上げたのですが、意外と反響が良く、気に入ってる機材はガンガン紹介する方向性で行こうかと思うように。 とは言っても、ガチな検証とかは一切せず、思い出にある写真をアップして使い心地など、勝手に書いてく感じです笑 解像度だったりノイズの乗り方等、トータル的な検証データが必要な方は海外の検証サイト DxOMark へGO そんなこんな ...

ReadMore

カメラ

2020/2/15

トラベラー三脚の雲台を買い替え!RRSのコンパクト雲台 BH-30LRを購入

こんばんは。 2020年、カメラ機材は購入しないと決めたものの、1ヶ月でその掟を破ったTaka0610です。 そんな自分が今回購入したのはトラベラー三脚用の雲台です。マーキンスのトラベラー三脚用雲台を約3年利用してたのですが、ノブシューのタイプの雲台が冬場の撮影にとても不便だったのを経験します。 特にめちゃくちゃ寒い中、小さなノブを回したかどうかを確認するのがとても苦痛でした。 自分にとってトラベラー三脚で求めてる要素としては、小さいながらもどんな条件下でもササッと準備が出来る部分です。 そうなると必然的 ...

ReadMore

カメラ

2020/1/25

使用している機材の紹介 (2020年1月〜)

この記事では自分が現在進行系で使っている機材のご紹介をします。 2020年1月に機材の刷新をしたため、改めて今回記事にしてみました。 前回更新した記事はこちらから。 自分が機材に求めてるのが描写と持ち運び易さの2点。 また自分の好きな道具を使って何かに打ち込みたいという想いがあるため、必然的に道具として愛用できるかどうかも含めてトータル的に判断してます。 メジャーな構成は避けたがりですと言いつつ、最近α7が人気のためメジャーな構成路線に流れつつあります\(^o^)/ とまぁ機材に対する考えを綴ったところで ...

ReadMore

カメラ

2020/7/22

α7に最高の標準レンズ!SEL50F14Zを2年半使用したので語ってみる

こんばんは。 なななんと当ブログでレンズレビューなる記事を今回書いてみます。やっと重い腰を上げるといいますか、そんな感じでしょうかね・・・。 元々当ブログでは機材レビューはしないスタンスでした。何故なら自分が理系出身ってのもあり検証とかしだすと止まらない性分だからです。 光源、撮影条件、カラーチャート、遷移図、MTF曲線、思いつくワードだけでもこれだけポンポン出てきます。 ただでも、愛用レンズに対する想いを述べるなら別に検証する必要もないんじゃない?と思うようになってきたので、自分の作例を添えつつ、使用感 ...

ReadMore

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とRICOH GR3。1年半ほどフィルムカメラで撮影もしてました。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-カメラ
-

Copyright© Photo Fieldworks , 2020 All Rights Reserved.