Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

カメラ

撮影後のフィルム保管どうしてますか?自分のフィルムネガ保管方法を紹介してみる

投稿日:2018年8月10日 更新日:


最近再び流行っているフィルムカメラ。

撮った後現像をして、フィルムをデジタルスキャンをしてという工程を誰もが通っていると思いますが、その残ったフィルムの原盤、どうされてますか?

「箱に突っ込んだまま」

「現像後袋から出してない」

という声が自分の周りからちらほら聞こえてきます。

フィルムの特徴やカメラ機材については議論はされるものの、フィルムネガの保管については誰も触れやしないという・・・。

そのせいかフィルムの保管方法についてはオープンにされておらず、保管に困っている方が意外と多いのではないかと思います。

自分もそんな困った中の一人でした。

しかも自分の場合、プリントをする身でもあるため、効率よくフィルムの原盤管理をしないと探すのに膨大な時間がかかるわけです。

色々と模索した結果、一つの方法に辿り着きました。今回はフィルムの保管ついて、自分なりの方法をご紹介したいと思います。

Taka0610がオススメするフィルムネガの保管方法

インデックスを使ってフィルムネガを管理する

膨大な写真の中から1枚の写真をプリントする場合、効率よく探さないと時間がかかってしまいます。

1枚1枚、いちいち透過光照らしてルーペなんかで見てる時間があればいいですが、探しものをしてるときにそんなのんびりしてられないです。

そこで重要となってくるのが、このインデックスです。

自分がお世話になっているプリント屋では現像を行った後、インデックスと呼ばれるフィルム原盤内容の見出しを貰っています。
(恐らく他の現像をお願いした場所でもインデックスは作ってもらえるはず。)

このインデックスとフィルムを一緒に管理することで、1枚1枚、フィルムを見ることなく探すことが可能です。

インデックスとフィルムネガを一緒にファイリングする

 

写真を管理にあたって「インデックス」が重要だと言いましたが、インデックスとネガを一緒に管理出来るものが実は世の中に出てたりします。

文房具で有名なコクヨから発売されているフォトファイルです。A4サイズで販売されているため、ファイリングが可能となります。

シート1枚につき、フィルムネガが4セット入るのと、普通のA4ファイルならば25枚くらい保管が可能です。合計100個のフィルムネガが管理可能に・・・。

モノクロ、カラー、リバーサル、色々なジャンルに分けてファイリングしても十分使い勝手は良い気がします。また写真をファイリングする習慣がある人ならば、フィルムのネガのファイリングも続く習慣になるかと思われます。

ファイルを保管する際は、箱に入れて防湿対策を。

フィルムネガはカメラ機材同様に、カビが発生します。

カビの発生はフィルムの画質劣化や、プリントに影響が出てしまうため避けたいところ。

少し大きめな箱に、ファイルをキレイに並べて防湿剤を入れて保管完了です。

まとめ

以上が自分の辿り着いたフィルムネガの保管方法です。

フィルムネガを1枚ずつ入れるファイルシートも販売されてますが、インデックスの保管が出来ないためあまり推奨出来ません・・・。

とは言え、リバーサルフィルムの色味に酔いたいなど理由があるならば、1枚ずつ保管でも良いかもしれません。

人それぞれ、目的に合わせた保管方法が見つかるといいですね。

 

関連記事(フィルムネタ)

人生で初めてフィルムを感光させてしまったというお話

  こんばんは。今回更新するのはフィルムを感光させてしまった記事になります。 当方、2017年の11月にフィルムカメラを購入し、早半年が経ちました。 フィルムの撮影本数は実に30本、一ヶ月に ...

続きを見る

リバーサルフィルム Velvia で風景写真を撮ってみた!感想とレビュー

こんばんは。 先日フィルムを感光してしまった、どうも僕です。 今回はリバーサルフィルム(ポジフィルム)で撮影した風景写真ネタになります。 普段ネガフィルムでスナップしか撮影しない自分が何故リバーサルフ ...

続きを見る

フィルムカメラ始めて半年が経過、これまでの軌跡を写真で振り返る

こんばんは。 6月もそろそろ終わりそうということで、2018年も半分が過ぎようとしてます。 2018年の1月から本格的にフィルムカメラを始めたわけですが、それなりに写真も撮ってきました。 月のペースで ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

新着記事一覧

新着記事一覧

夕景 夜景

2018/8/12

尾道の夜景スポット 浄土寺山展望台 より夕焼けを撮る

こんばんは。 今回更新するのは、尾道の夜景スポットであり、広島の夜景スポットでもある浄土寺山展望台の記事になります。 尾道からの夜景と言えば千光寺が有名ですが、地元の人から言わせてみると「本当に尾道の夜景を見るならば浄土寺山展望台」と言われるほどの場所です。 当日タクシーで向かったのですが、実際ドライバーの方も100人乗せて1人が向かうか向かわないかレベルの場所というくらい穴場のポイント。 そしてそこから見る尾道の夕景はとても素敵な景色が広がってました。 浄土寺山展望台について 浄土寺山展望台は千光寺山、 ...

続きを読む

カメラ

2018/8/10

撮影後のフィルム保管どうしてますか?自分のフィルムネガ保管方法を紹介してみる

最近再び流行っているフィルムカメラ。 撮った後現像をして、フィルムをデジタルスキャンをしてという工程を誰もが通っていると思いますが、その残ったフィルムの原盤、どうされてますか? 「箱に突っ込んだまま」 「現像後袋から出してない」 という声が自分の周りからちらほら聞こえてきます。 フィルムの特徴やカメラ機材については議論はされるものの、フィルムネガの保管については誰も触れやしないという・・・。 そのせいかフィルムの保管方法についてはオープンにされておらず、保管に困っている方が意外と多いのではないかと思います ...

続きを読む

旅行記

2018/8/9

猛暑の中、青春18切符片手にぶらり旅してきました

こんばんは。 先日、青春18切符片手に鈍行列車の旅へ行ってきました。年々鈍行列車の旅が辛くなってきてるのは気のせいでありたい・・・。 あと2回ほど、この夏に18切符で旅をする予定なので心折れてる場合じゃない\(^o^)/ そんなこんなで今回の旅の目的ですが、山口県で行われた花火大会と、尾道スナップ撮影です。振り返り兼ねて今回もブログへ綴っていきたいと思います。 以前の18切符旅の記事はこちらから 今回の旅のスケジュール 旅の日程としては4泊5日の行程です。1日目と5日目の最終日は電車移動で潰れてしまうため ...

続きを読む

カメラ

2018/8/7

SEL70200GMに不具合?SONYのサービスセンターにクレーム入れた話

こんばんは。 今回更新するのはSONYサービスセンターへクレーム入れた話です。 先日北海道旅行でいつの間にか壊れていたSEL70200GM。30万近くするレンズの修理費用となると、もう叙々苑で焼き肉パーチーが出来る勢いです。 メーカー保証内でどこまで対応が出来るのか、元メーカー勤めの人間が奮闘した記事になります。 突然レンズが使えなくなった・・・当時を振り返ってみる SEL70200GMがおかしくなった状況ですが、遡るは北海道旅行。 レンズ交換し、いざ使用ってところでズームが出来なくなった事で気付きました ...

続きを読む

風景

2018/7/19

北海道の絶景スポット 神威岬 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは北海道の絶景スポットである神威岬の紹介記事になります。 神威岬は北海道の積丹半島と呼ばれるエリアに位置し、北海道西部・積丹郡の突端にあります。突端に行き着くと断崖絶壁になっており、ダイナミックな景色を望める事が可能です。 神威岬(かむいみさき)について 神威岬(かむいみさき)は、北海道積丹郡積丹にある岬です。積丹半島北西部から日本海に突き出しており、断崖絶壁の先からは積丹ブルーを拝める事が可能です。 断崖絶壁の岬へいくには、岬の付け根にある駐車場から先端部までは尾根沿いに整備 ...

続きを読む

夕景

2018/7/13

島根の夕焼けスポット 宍道湖 で夕日を撮る

こんばんは。 今回更新するのは、島根県の夕日スポットである宍道湖(しんじこ)になります。 山口県での撮影に夢中だった自分、気がついたら島根にも足を運んでたという・・・。 宍道湖は出雲の近くになるのですが、そこで食べた出雲蕎麦がマジでうまかった。 日本各地でそば食べてますが、一番オススメなのは出雲蕎麦です。雰囲気は岩手県のわんこそばをもっとゆっくり落ち着いて食べやすくした感じ。蕎麦の汁は甘く、とても食べやすかった。 散々記事には関係ない出雲蕎麦を語ったところで宍道湖の記事へと続きます 宍道湖(しんじこ)につ ...

続きを読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-カメラ
-,

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.