Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

星景 朝景

新潟の絶景撮影スポット 星峠 の棚田 を撮る

投稿日:2018年5月23日 更新日:


 

こんばんは。

今回紹介するのは新潟県にある朝焼けスポット、雲海スポット、そして星景スポットでもある 星峠 になります。
本命のポイントで撮影終了後、ついでに行ってみるかと思い足を運んだのがこの星峠です。

星峠は全国的に有名な撮影地。今まで敬遠してた部分があったのですが、有名な場所だからこそわかる事っていうのもまた然り。

食わず嫌いは捨てて、しっかり撮影地と向き合うために夜から乗り込みました。

かなりの人の数が居たのと、それなりに広い場所で意外と撮影ポイントがわかりにくい・・・。
今回わかったこと、実際に撮ってみて思ったこと等、整理してお届け出来たらと思います。

 

星峠の棚田について

星峠 の棚田は新潟県十日町の松之山地区、松代地域にある棚田です。
『にほんの里100選』に選ばれた棚田でもあるため、近年美しい朝の風景写真で有名になった絶景スポットです。

SNSだけでなく、色々な雑誌でも取り上げられる絶景スポットなだけに、日本各地から沢山のカメラマンが訪れる場所でもあります。

また海外向けのサイトで、日本の旅行カテゴリの中の「あなたが死ぬ前に日本に行きたい30の理由」で、堂々1位に選ばれました。そのため日本だけでなく、海外からも注目の高い場所となります。

 

星峠で撮影した星景写真

広がる天の川・・・そして棚田と雲海の共演

SONY α7R2 FE 16-35mm F2.8 GM
ISO 3200 焦点距離16mm F2.8 シャッター速度 30秒

このブログ、久々の星景写真。Iphone等、コントラストが強いモニターで見ると全景が潰れてしまってるかも・・・。
(カラーマネジメントがある程度まともなら全景が見えるはず。)

この日は夕方まで雨が降っていた模様。また秋に比べ、気温が不安定のため、雲海が高い位置あった印象を受けました。

とは言え、ヌケは良く星々がくっきり写っていました。画角は16mmで撮影してますが、正直16mmじゃ足りません。14mmくらいならばハッピーになれるかもしれません。

光害は若干ありましたが、上空の天の川の色味に影響は出ないレベル。
トータル的に星景撮影地としても条件が良いところでもありました。

基本的に真っ暗なため、撮影時は気をつけましょう

 

月明かりに照らされる棚田と雲海

SONY α7R2 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 2500 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 8秒

限られた天の川撮影タイムが終了後、今度は月が登ってきました。月齢的には三日月に近かったですが、それでも明るい。

三日月を写そうとシャッター時間短くし、明るめにした結果、失敗の図。

満月時、機会があったら雲海絡めてガッツリ撮りたい。

 

棚田に訪れるブルーアワー、そして広がる雲海

SONY α7R2 FE 16-35mm F2.8 GM
ISO 640 焦点距離35mm F7.1 シャッター速度 102秒

朝焼けスポットへ移動の際、見つけたポイントです。

棚田の後ろ側には雲海が漂っており、水鏡と雲海の不思議な組み合わせでした。

ここでも天の川狙ったら面白そうだなぁと思いつつ、この場所を後にします。

星峠で撮影した雲海写真

そして夜明け・・・棚田前に広がる雲海(下から撮影Ver)

SONY α7R2 FE 16-35mm F2.8 GM
ISO 50 焦点距離31mm F11 シャッター速度 6秒

SONY α7R2 FE 16-35mm F2.8 GM
ISO 50 焦点距離29mm F11 シャッター速度 1/15秒

SONY α7R2 ZEISS Loxia 2.8/21
ISO 50 焦点距離21mm F13 シャッター速度 1/15秒

SONY α7R2 FE 16-35mm F2.8 GM
ISO 50 焦点距離78mm F11 シャッター速度 1/125秒

雲海撮影ポイントが何箇所かあります。

主にこのエリアで朝焼け景色を狙う場合、前景に棚田を寄せて撮るか、上から俯瞰して棚田を撮るか・・・の二択になるかと思います。

何という下から見るか、上から見るか状態\(^o^)/

自分は前景に棚田をおさえたかったため、下から見る形になりました。

先程撮影した星景ポイントでも雲海は十分狙えますが、日の出の位置的に今回はこのポイントへ。

また秋の場合、星景ポイントが日の出ポイントにもなるため、星景ポイント一択かな。

ホント事前情報が無いと、ロケハン必須の場所だな とつくづく思います。

 

日の出後、残る雲海の余韻 (上から撮影Ver)

SONY α7R2 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 50 焦点距離50mm F11 シャッター速度 1/250秒

SONY α7R2 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 50 焦点距離50mm F11 シャッター速度 1/50秒

撮影エリアの上から雲海を狙ってみました。

日の出後だったため、人はまばらで自由に撮影が可能でした。

ネットでよく出回ってる星峠の光芒写真はこの場所から望遠ですっぱ抜いてる率が高い気がします。

雲海の出方にもよりますが、光芒撮りたい場合は上から俯瞰がいいかもしれません。

 

何処もかしこも雲海

SONY α7R2 ZEISS Loxia 2.8/21
ISO 100 焦点距離21mm F7.1 シャッター速度 1/500秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM
ISO 50 焦点距離70mm F11 シャッター速度 1/200秒

駐車場までの帰路も雲海だらけ。

こういう時、あまりにも絶景慣れしてしまうとシャッターチャンスを逃すのは経験済み。そのため落とし物探すかのように歩いて戻りました・・・。

 

撮影地について

雲海の発生条件について

今回は前日のギリギリまでまばらに雨が降っていたという事で、霧が発生するには最高のコンディションでした。

ただ、霧を通り越して濃霧レベルだったので、雲海が濃すぎたのも否めません。また地形的に雲海が出やすいポイントでもあるので、他とはちょっと霧の発生のし易さが違うかもしれません。

色々な場所で雲海を撮影してきましたが、前日に雨が降って無くても、天候条件が重なれば霧が出るのかなと思います。(あくまで個人的な感覚ですので参考程度に)

 

地図で見る撮影ポイントと駐車場の位置関係

ざっくりGoogleMapに追記してみました。

撮影ポイントについては駐車場を軸にご説明していきます。

まず駐車場ですが、三箇所あります。

 

各駐車場について

第1、第2駐車場については目立つポイントにあります。比較的停めやすく台数もそれなりに停められるんで初見でも困らないかと思います。空いてるならこの二箇所で駐車を勧めます。

第3駐車場は少し奥の所にあり、細い坂道の真横に駐車場がある感じです。ペーパードライバーの方は停められない・・・ってレベルで駐車が面倒です。台数も6台くらいしか停められないですし、ホント理由がない限りあまりオススメはしません。

ただ、第3駐車場は天の川撮影ポイントの近くに位置するので、星メインの方は第三駐車場のが良いのかな。

駐車場に停められない場合は路駐になります。周りの方々に迷惑ならないよう配慮しての駐車が必要です。

 

撮影ポイントについて

撮影ポイントは大きく3箇所あります。

Mapを観て頂ければわかるのですが、第一駐車場と第二駐車場の間が春時期の日の出ポイントとなり、この位置の向かいから日の出が出てきます。

この間の位置には下に降りれる場所があるのと、上から見下ろす形で撮る場所があります。ただ棚田自体が私有地でもあるため、その時々で状況が変わるります。そのため実際行って判断して頂ければと思います。

次に第三駐車場近辺には星景撮影ポイントがあります。駐車場へ入る道の途中に、降りる道があるのでそこの沿線沿いが撮影箇所になります。

位置的には南東を向いてるので、天の川撮影にはオススメです。また秋時期には日の出撮影ポイントにもなります。

 

撮影地の雰囲気・マナーについて

今回初めて撮影に行きましたが、比較的来ているカメラマンは星峠を何度か訪れてる方々が多かったです。

印象的だったのは地元のカメラマンが、マナー違反の方々に声をかけていたところでした。

撮影ルールというのは、その場所ごとに存在しているわけですが、そこがしっかり律されてる場所がこの星峠なのかなと。後は初めて訪れた学生カメラマンが、不法侵入しているカメラマンに声をかけた場面もありました。

そういう場面含め、撮影者同士、撮影地に気を使っているのがよくわかりました。でも実際無法地帯になるより全然いい。

また星峠の棚田は私有地の棚田であるので過去に色々なトラブルがあったみたいです。
人が亡くなる事故があったこと、私有地への侵入、そういったトラブル続きだったこともあり一時期十日町が情報開示を止めた時期があったそうで・・・。

比較的ライトな内容で書いてますが、実際もっとディープな問題もあったと思います。

感動する景色の所には人が集まってしまう。そして人が集まった結果、発生するトラブル。

中々難しい部分もありますが、星峠の棚田を始め、十日町の景色は沢山の人に見てもらいたい風景でもあり、いつまでも残り続けて欲しいと風景であると感じました。

またタイミング見て訪れたい撮影ポイントです。

 

アクセスについて

【住所】
〒942-1351
新潟県十日町市 峠

【関連ページ】
http://www.tokamachishikankou.jp/natural/tanada/hoshitoge/
※十日町公式HP

【Google Map】
https://goo.gl/maps/ULtbMiL3AU62

関連記事(新潟関連)

新潟の新緑撮影スポット 美人林 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは新潟県の新緑スポットである美人林の記事です。前回撮影した星峠に引き続いて、新潟エリアの撮影地になります。 星峠で雲海を撮影したあと、流れるかのようにこの美人林に向かったの ...

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

新着記事一覧

新着記事一覧

風景

2018/9/21

初日の出が日本で一番早く見れる場所!犬吠埼灯台 へ行ってきた

こんばんは。 今回更新するのは日本で一番早く初日の出が拝める場所 犬吠埼 の紹介記事になります。 犬吠崎は千葉県銚子市にある利根川の河口に近くにあり、岬には「世界灯台100選」にも選ばれた犬吠埼灯台が存在します。 また変わった色のポストがあることでも有名?だったりします。 犬吠埼について 犬吠埼は銚子半島の最東端、太平洋に突き出た岬になります。岬を囲う三方には海に囲まれており、高さ約20mの海食台地の突端、海抜52mの白亜の灯台が設置されています。 犬吠埼灯台は犬吠埼の探勝の中心地にあります。光遠距離19 ...

続きを読む

コンテスト

2018/9/20

第5回住友不動産販売 ステップフォトコンテスト にて 協賛会社賞 頂きました

タイトル:天空のオアシス SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM ISO 50 焦点距離132mm F13 シャッター速度 6秒 2018年5月に応募したこの作品 住友不動産が主催するStepフォトコンテストにて協賛会社賞を頂きました。 Web上での応募形式である当フォトコンテストですが、SNSで活動されている写真家には人気のあるフォトコンテストらしく、入選結果には見たことある名前がちらほらありました。 応募総数は36,975点とかなり多く、恐らく自分が応募したフォトコンテストでは過去 ...

続きを読む

写真展

2018/9/18

写真家 辰野清 の写真展「余韻」へ行ってきました

こんばんは。 先日都内で行われている、写真家 辰野清 氏の写真展「余韻」へ見てきました。 場所は東京丸の内の方にあるFUJIFILM Imaging Plaza。 自分が訪れたときは会館時間ギリギリだったのもあり、人混みは少なくじっくり作品を見ることが出来ました。 今回写真展を観た感想を綴ってみたいと思います。 写真家 辰野清 とは? 写真家 辰野清 氏は長野県岡谷市出身の写真家で、長野を拠点に撮影をされている風景写真家になります。元々子供を撮るためにカメラを手にしたわけですが、そこから本格的に風景写真を ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 戸隠 にて 鏡池 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の紅葉スポットであり、絶景スポットである 戸隠 にある 鏡池の撮影記事になります。 戸隠の紅葉といえばこの鏡池ですが、長野県有数の撮影ポイントであり観光スポットでもあります。またハイシーズンはマイカー規制もあるため、ハイシーズンに紅葉を撮るとなると色々と大変だったりします。 今回訪れたときは晩秋と呼ばれる時期だったためマイカー規制も緩やかでした。 戸隠と鏡池について 鏡池は長野市の戸隠高原にあります。名前の通り、戸隠の山々が鏡のように水面に映り込む新緑と紅葉の絶景スポッ ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 秋山郷 より 布岩 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の秘境であり、紅葉スポットである 秋山郷 の布岩で撮影した紅葉写真記事になります。 秋山郷は長野県の最北端に位置しており、北上するルートでいくと新潟県を通ってのアクセスとなります。 千葉県民からしてみると長野県ってだけで秘境なのに、その中でも更に秘境である秋山郷。初めて訪れた際には只々、絶景が広がっており、ワクワク感が止まりませんでした。 秋山郷について 秋山郷は苗場山北西麓に位置しており、長野県栄村と新潟県津南町にまたがる中津川沿いの地域の総称です。日本の秘境100選 ...

続きを読む

カメラ

2018/9/13

自分に合う機材はどんなカメラ?カメラ機材を買い漁って気づいた事

こんばんは。 最近新製品がどんどん出まくっているカメラ市場 特にNIKON、CANONからフルサイズミラーレス機が発売されたのはある意味、過度期でもあります。 またSONYのミラーレスα7シリーズにもタムロンやシグマがレンズ開発に参入してきたりと、ボディ・レンズ共に市場が潤ってきています。数年前まではF4通しのレンズ1本しか無かった、標準ズームレンズが今や5本位選択肢があるくらいですから・・・。 そんな渦中のミラーレスユーザーの一人である自分ですが、この2018年のビッグウェーブに乗るべきなのか否か 当方 ...

続きを読む

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-星景, 朝景
-, , , , , ,

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.