この度、私の作品2点が国際的フォトコンテストであるInternational Photography Awards(IPA)2021 の Professional 部門に2カテゴリ応募、2点全てHonorable Mention(佳作)を頂きました。

International Photography Awards(以下IPA)はニューヨーク発のフォトコンテストであり、ルーシー財団が2003年に設立した国際的なコンペティションです。

優勝者には賞金のほか、各国での展示に加え多方面のメディア掲出がされるものです。

このコンテストの大きな特徴としてはプロ(Professional)と一般(Non Professional)で分かれており、応募費用が発生するところでしょうか。

応募費用を払ってでも受賞したいと考える応募者は多く、正に泊が付くフォトコンテストなのです。

去年に引き続き、自分がトライしたのはProfessional部門。写真仲間にプロの写真家が多いのと、自分も負けじと写真に向き合ってると自負してるのもあってProfessional部門を選びました。

そんなこんなでフォトコンテストを振り返ってみたいと思います。

サイトページはこちら

https://www.photoawards.com/winner/?compName=IPA+2021

コンテスト詳細

今回応募したフォトコンテストテーマ

応募テーマ:Professional部門:Natureカテゴリ、NightScapeカテゴリ

応募数:2点(うち2作品提出)

賞と賞金

Photographer of the year:全体で1名

1st Place (Gold):各カテゴリ1名

2nd Place (Silver):各カテゴリ1名

3rd Place (Bronze):各カテゴリ1名

HONORABLE MENTION:各カテゴリ複数名 ←ーーーーーーーーーーーーーーココ

※Pro部門とNonPro部門それぞれ上記の順位があります。

応募から選考過程、結果の流れについて

応募締め切り:2021年7月31日

応募日:2021年7月29日 (2点応募)

結果公表日:2021年10月14日

応募フォーマット:Jpeg(Adobe RGB)

応募総数:14000枚、120ヶ国からの応募

入選した作品達

Special Night カテゴリ

Nature Season 部門(3枚組写真)

所感

初めて応募した2020年に引き続き、2021年もProfessional部門で応募しました。

結果すべての作品でHonorable Mention(佳作)ですが、上位賞狙うとなると難しいコンテストだなと思います。

入賞作品を見てるとNon-Professional部門とProfessional部門ではレベルが全然違います。同じHonorable Mention(佳作)だけでも見比べるとレベルが全然違う・・・。

またメディアの露出とかを考えるとProfessional部門で結果残すのがいいなと改めて感じました。

世界中のPhotographerが応募するコンテストなだけに、やりがいはあるかと。

来年もまた上位賞狙って頑張りたいと思います。