Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

夕景

横浜みなとみらい 大桟橋からの夕景

投稿日:2016年11月23日 更新日:

th_2016_1112-%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d-%e6%a8%aa%e6%b5%9c-%e3%81%bf%e3%81%aa%e3%81%a8%e3%81%bf%e3%82%89%e3%81%84-8


大分ブログ放置してました・・・。
一度更新が止まるとトコトン止まるで定評のあるTaka0610です。

どうもこんばんは\(^o^)/

更新してない間、色々と撮り歩いていたのですが
中々現像も追いつかず、整理も追いつかずネタの大行列状態

気を取り直してぼちぼち更新頑張ります。

今回は横浜みなとみらいの大桟橋からの夕景を。

刻々と変わっていくみなとみらいの景色

訪れるマジック・アワー

th_2016_1112-%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d-%e6%a8%aa%e6%b5%9c-%e3%81%bf%e3%81%aa%e3%81%a8%e3%81%bf%e3%82%89%e3%81%84-3SONY α7 FE 16-35mm F4 ZA OSS  
ISO 50 焦点距離22mm F14 シャッター速度 1/1

th_2016_1112-%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d-%e6%a8%aa%e6%b5%9c-%e3%81%bf%e3%81%aa%e3%81%a8%e3%81%bf%e3%82%89%e3%81%84-5SONY α7 FE 16-35mm F4 ZA OSS  
ISO 50 焦点距離22mm F14 シャッター速度 1.6

th_2016_1112-%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d-%e6%a8%aa%e6%b5%9c-%e3%81%bf%e3%81%aa%e3%81%a8%e3%81%bf%e3%82%89%e3%81%84-8SONY α7 FE 16-35mm F4 ZA OSS  
ISO 250 焦点距離22mm F9 シャッター速度 2

th_2016_1112-%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d-%e6%a8%aa%e6%b5%9c-%e3%81%bf%e3%81%aa%e3%81%a8%e3%81%bf%e3%82%89%e3%81%84-11SONY α7S FE 24-70mm F2.8 GM  
ISO 400 焦点距離32mm F6.3 シャッター速度 2

年明け以来、久々にみなとみらいで夕夜景を撮影しましたが
いつ来てもココは撮りがいのあるスポットが溢れています。

そして横浜みなとみらいの夜景は自分の写真の原点。
ここの夜景を綺麗に撮りたいと思って初めたのが一眼カメラです。

毎年1回以上来るようにしていますが、いつ来ても撮影に頭を悩まされる素敵スポット。

年々、構図で悩むより、ノイズで悩んでます。
白飛びが怖くて、アンダー気味で撮影するのですが、逆に色を持ち上げようとしてノイズが出てくる感じ。

被写体に星も含まれるため、ノイズ処理は結構自分にとって大きな部分になります。
現像も独学で行っているため、ちょっと現像教室でも参加しようかしら・・・。

まずはノイズの種類から整理ですね・・・。
(色ノイズ、熱ノイズ・・・色々あります)

撮影地について

横浜みなとみらいからの夕夜景スポットは色々とありますが、ここは富士山も絡ませて撮ることが出来るため
オススメのスポットになります。
(1〜2枚目の写真にあるビルとビルの間に写ってる出っ張りが富士山です)

ただ、床が木の材質で出来ているため、他人の足揺れが三脚に響いてきます。
また港なので風の影響をモロに受けます。
長時間露光中、カメラがブレるので色々と対策が必要です。

あとはコスモロックの観覧車の虹色ライトアップを綺麗に撮るとなると、最高1秒くらいまで露光が可能です。

最近観覧車の光り方が変わったせいか、以前と違う虹色ライトアップとなります。

タイミング考えながら撮影しているとあっという間にマジックアワーが終了してしまいますので、
意外と時間との戦いの撮影になります。

アクセス

【住所】
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1番4号

【入園料】
特になし

【駐車料】
全日 00:00~24:00
60分500円  60分以降 30分250円
24時間最大料金(平日)1,500円
24時間最大料金(土日祝日)2,000円
※24時間最大料金では、入庫時の曜日が基準となります。

【備考】
商業用撮影の場合別途料金が発生。

【関連ページ】
https://osanbashi.jp/

※横浜港公式HPより

【Google検索用】
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E5%A4%A7%E6%A1%9F%E6%A9%8B

【GoogleMap】

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ランキングへ参加しています。良ければボタンをポチッとお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

新着記事一覧

新着記事一覧

風景

2018/9/21

元旦の初日の出が日本で一番早く見れる場所!犬吠埼灯台 へ行ってきた

こんばんは。 今回更新するのは日本で一番早く初日の出が拝める場所 犬吠埼 の紹介記事になります。 犬吠崎は千葉県銚子市にある利根川の河口に近くにあり、岬には「世界灯台100選」にも選ばれた犬吠埼灯台が存在します。 また変わった色のポストがあることでも有名?だったりします。 犬吠埼について 犬吠埼は銚子半島の最東端、太平洋に突き出た岬になります。岬を囲う三方には海に囲まれており、高さ約20mの海食台地の突端、海抜52mの白亜の灯台が設置されています。 犬吠埼灯台は犬吠埼の探勝の中心地にあります。光遠距離19 ...

続きを読む

コンテスト

2018/9/20

第5回住友不動産販売 ステップフォトコンテスト にて 協賛会社賞 頂きました

タイトル:天空のオアシス SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM ISO 50 焦点距離132mm F13 シャッター速度 6秒 2018年5月に応募したこの作品 住友不動産が主催するStepフォトコンテストにて協賛会社賞を頂きました。 Web上での応募形式である当フォトコンテストですが、SNSで活動されている写真家には人気のあるフォトコンテストらしく、入選結果には見たことある名前がちらほらありました。 応募総数は36,975点とかなり多く、恐らく自分が応募したフォトコンテストでは過去 ...

続きを読む

写真展

2018/9/18

写真家 辰野清 の写真展「余韻」へ行ってきました

こんばんは。 先日都内で行われている、写真家 辰野清 氏の写真展「余韻」へ見てきました。 場所は東京丸の内の方にあるFUJIFILM Imaging Plaza。 自分が訪れたときは会館時間ギリギリだったのもあり、人混みは少なくじっくり作品を見ることが出来ました。 今回写真展を観た感想を綴ってみたいと思います。 写真家 辰野清 とは? 写真家 辰野清 氏は長野県岡谷市出身の写真家で、長野を拠点に撮影をされている風景写真家になります。元々子供を撮るためにカメラを手にしたわけですが、そこから本格的に風景写真を ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 戸隠 にて 鏡池 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の紅葉スポットであり、絶景スポットである 戸隠 にある 鏡池の撮影記事になります。 戸隠の紅葉といえばこの鏡池ですが、長野県有数の撮影ポイントであり観光スポットでもあります。またハイシーズンはマイカー規制もあるため、ハイシーズンに紅葉を撮るとなると色々と大変だったりします。 今回訪れたときは晩秋と呼ばれる時期だったためマイカー規制も緩やかでした。 戸隠と鏡池について 鏡池は長野市の戸隠高原にあります。名前の通り、戸隠の山々が鏡のように水面に映り込む新緑と紅葉の絶景スポッ ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 秋山郷 より 布岩 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の秘境であり、紅葉スポットである 秋山郷 の布岩で撮影した紅葉写真記事になります。 秋山郷は長野県の最北端に位置しており、北上するルートでいくと新潟県を通ってのアクセスとなります。 千葉県民からしてみると長野県ってだけで秘境なのに、その中でも更に秘境である秋山郷。初めて訪れた際には只々、絶景が広がっており、ワクワク感が止まりませんでした。 秋山郷について 秋山郷は苗場山北西麓に位置しており、長野県栄村と新潟県津南町にまたがる中津川沿いの地域の総称です。日本の秘境100選 ...

続きを読む

カメラ

2018/9/13

自分に合う機材はどんなカメラ?カメラ機材を買い漁って気づいた事

こんばんは。 最近新製品がどんどん出まくっているカメラ市場 特にNIKON、CANONからフルサイズミラーレス機が発売されたのはある意味、過度期でもあります。 またSONYのミラーレスα7シリーズにもタムロンやシグマがレンズ開発に参入してきたりと、ボディ・レンズ共に市場が潤ってきています。数年前まではF4通しのレンズ1本しか無かった、標準ズームレンズが今や5本位選択肢があるくらいですから・・・。 そんな渦中のミラーレスユーザーの一人である自分ですが、この2018年のビッグウェーブに乗るべきなのか否か 当方 ...

続きを読む

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-夕景
-, , , ,

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.