こんばんは。

今回更新するのは、先日の旅行で訪れた尾道でのポートレート撮影記事になります。

尾道といえば過去何度か当ブログでも更新したように、スナップ撮影で訪れた観光地でもあります。

尾道水道の生活感が出ている風情も魅力的であるこの町、きっとポートレート撮影をしても良いポイントなんだろうなと訪れるたびにイメージが出てきていました。

そして春先をゴールに、広島で撮影させていただくモデルさんを探し、遂に今回撮影が叶うことになります。

備忘録程度に今回の撮影に関して記事にしていきます。ゆるりとお付き合いください。

撮影した写真たち

からさわアイスクリームのベンチで撮影

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/8000秒

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/8000秒

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/8000秒

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/8000秒

SONY α9 FE 135mm F1.8 GM
ISO 64 焦点距離135mm F1.8 シャッター速度 1/3200秒

ドラマの舞台にもなった尾道のKARASAWAアイスクリームのベンチ。

ここでずーっと撮りたい欲があったせいか、モデルさんと合流後すぐ辿り着いたのがこのポイントでした。しかしこの日の尾道は強風警報が出るほどの大荒れ。モデルさんの髪の毛がピューピュー吹かれる自体になったのでした・・・( ゚∀゚)・∵.

そしてこの日の撮影も風の影響に悩まされます。

尾道の坂の道で撮影

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/4000秒

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/4000秒

SONY α9 FE 135mm F1.8 GM
ISO 50 焦点距離135mm F1.8 シャッター速度 1/6400秒

尾道の有名な坂ポイントで撮影。ここでも撮りたいイメージがあったんですが、ピーカンの逆光と強い風に悩まされます。

風対策としてパーカーのフードを着用!コレが意外と良い感じに収まりました。

途中警官の方が声を掛けてきて、「あ、都心だと追いやられるやつだ」と思って応対したら行方不明のドライバーの話という・・・。

尾道平和すぎます。地方でのポートレート撮影がより好きになりました。

架線下で撮影

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/125秒

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/125秒

強風から逃げるかのように高架下へ。良い感じの光の入り具合を見つけて何カットか撮影。

特に2枚目のモノクロが今回の撮影で一番気に入ってます。光の当たり具合、目線だけにかかるような光。

日中の強い光も高架下だと柔らかい光になるので、撮影にはもってこいな気がします。

路地裏で撮影

SONY α9 FE 135mm F1.8 GM
ISO 50 焦点距離135mm F1.8 シャッター速度 1/250秒

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/640秒

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/640秒

とある路地裏で撮影。初めは135mmで切り取っていたのですが、いつの間にか24mmで撮影してました。周りの景色を入れて撮るとなるとやはり広角レンズの出番になるんですよね。2~3枚目は敢えて直射で撮影。

肌が白飛びしてますが、明暗差のお陰で雰囲気が出てる仕上がりになりました。

ゲストハウス あなごのねどこで撮影

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 125 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/25秒

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 250 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/40秒

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 125 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/15秒

以前泊まったゲストハウス あなごのねどこの併設cafeで撮影。ここも雰囲気が出ていて撮影していてとても楽しかった。

モデルさんも初めて訪れたみたいで、お互いにテンション高めで撮影してた気がします。ただ、光が少なかったので撮影難易度は高かったです。

桜の木と一緒に

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 100 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/4000秒

桜や!とテンション高めに訪れたものの、相変わらず強風に見舞われるという笑

構図も色々考えましたが結局思うように撮れず。。。一番は望遠で桜色をボカしながら撮りたかったけど諦めモード。

駅近くで撮影

SONY α9 FE 24mm F1.4 GM
ISO 50 焦点距離24mm F1.4 シャッター速度 1/125秒

SONY α9 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 50 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/160秒

SONY α9 FE 50mm F1.4 ZA
ISO 50 焦点距離50mm F1.4 シャッター速度 1/160秒

モデルさんの提案で駅チカでの撮影。人も少なく、柔らかい光が入り込むため穴場ポイントでした。

ただ、モデルとの距離がめちゃくちゃ近くなるため、広角レンズ必須です。ここも構図で悩まされました・・・。

撮影を振り返ってみて

機材について

前回の浅草撮影に引き続き、今回もα9とα7R3の2台で撮影。結果的にα9の1台で撮り切る感じになりました。

そして今回の撮影の変化としては24mmの単焦点レンズを多用したという事。尾道の街並みを入れるとなると広角レンズへとシフトしていきました。

とは言え、50mmも135mmも使いどころ次第では背景を入れ込めるので、一概にどれがベストとは言い難いです。

特に奥行きのある商店街等は24mmではなく50mm、135mmのが良かったですし。手持ちのレンズを体に覚えさせるという点ではまだまだ場数が足りないと感じました。

抱えている機材のことを知り尽くした上でポートレート撮影に臨めるのが理想となりそうです。そのためにはひたすら撮影を重ねて体に焦点距離を覚えさせていくしかないかなと。

道中の撮影について

今回は強風に煽られて、色々と予定していたロケーションで撮影がうまく行きませんでした。

とは言え、事前に予定を組んだ上での撮影だったため、乗り切るしか無いわけです。そのための気持ちの切り替え方だったり、楽しく撮影を過ごすためにはどうすべきか、今回の撮影で重点的に学べました。

同じモデルさんで6月にも撮影が控えてるため、今回学んだ点を生かして撮影に望みたいです。

勿論最高のシチュエーションであれば、全力で楽しみながら撮影に取り組むわけですが!

まとめ

以上が尾道でのポートレート撮影記事になります。

今回撮らせていただいたモデルさんとも継続的に撮影が発生しそうなので、広島へ行く楽しみがまた一つ増えました。あとは悪天候に負けないメンタルを持って今後のポートレート撮影にも取り組みたいところです。