Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

風景

京都の紅葉スポット 瑠璃光院 で 新緑 を撮る

投稿日:2017年5月29日 更新日:


 

こんにちは

5月もあっという間に終わり、6月へ突入ですね

もうそろそろ梅雨時期ですが、それに併せて写真投稿を。今回ご紹介するのは京都の観光スポット
瑠璃光院から撮る新緑の景色になります。

そもそも瑠璃光院とはどんな場所?

瑠璃光院(るりこういん)は
京都の八瀬(やせ)という地にひっそりと佇む由緒あるお寺で、秋の京都を彩る大人気の紅葉名所

大正末から昭和の初めにかけて、一万二千坪の敷地に延二四〇坪に及ぶ数奇屋造りに
大改築するとともに、自然を借景とした名庭を造営されたという歴史があります

まるで写真を撮るために出来たような建物ですが
拝観の時期は実は限られています。

春と秋のシーズンのみの拝観となってます。
秋は言わずと知れた紅葉の世界が広がり、
春のシーズンはもみじの新緑の景色が圧巻です

以下今年の拝観スケジュール

●期間:平成29年4月15日(土)~6月15日(木)
●拝観時間:10:00~16:30(閉門17:00)
●拝観料:一般2,000円
※瑠璃光院HPより参照
http://rurikoin.komyoji.com/

2016年に訪れた瑠璃光院

緑が織り成す幻想的な世界

SONY α7S FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 1000 焦点距離26mm F11 シャッター速度 1/60

SONY α7S FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 1000 焦点距離20mm F11 シャッター速度 1/60

SONY α7S FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 1000 焦点距離16mm F11 シャッター速度 1/60

お決まりの構図でパシャリ
流石、人が集まるだけある景色が広がってました

実は机の上にビニールマットが敷かれており
それが光に反射して緑を映し出しています。

意図的に置かれたのか定かではありませんが、
結果、一面緑の世界という構図が出来たという。

違った構図から・・・ それでも緑は広がっていました

SONY α7S FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 1000 焦点距離16mm F11 シャッター速度 1/60

SONY α7S FE 28mm F2 + Fisheye Converter
ISO 1000 焦点距離16mm F11 シャッター速度 1/50

2枚目見て頂ければわかると思いますが、
実は机だけでなく、床も反射します・・・

ホントは色々と撮り比べたかったのですが、時間が無かったために断念・・・。
こういう場所は何処撮っても面白いんだよなぁ

 庭園の美しさと緑の綺麗さ

SONY α7S FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 640 焦点距離16mm F9 シャッター速度 1/40

SONY α7S FE 24-70mm F4 ZA OSS
ISO 800 焦点距離24mm F10 シャッター速度 1/50

瑠璃光院は定番構図の場所以外にも見どころが沢山あります。特に1階のエリアも観てて楽しい。
秋の時期は訪れたことありませんが、この写真を整理してたら行きたくなりました( ゚∀゚)・∵.

激混みの中、まずは高速バスを抑える所からスタートだな・・・。(去年ココで心が折れました)

撮影地について

瑠璃光院、拝観料めっちゃ高いですが
一度は訪れる価値ある場所です!!

場所は京都市内から少し離れた場所にありますが
近くにも拝観スポットがあるので、観光には困らないかなと思います。

また京都市内の移動について。

実際新緑目的で去年の5月末に京都へ訪れました

紅葉のピークも1度経験している身としては、
新緑シーズンの京都はそれなりに空いていてオススメです。
特に京都市内の移動は断然電動自転車のレンタサイクルオススメです。

50km近い距離電動アシストで動くので、意外と頼れるます。駐輪場自体もそこそこあるんで
レンタサイクルでの京都観光 いかがでしょう

アクセスについて

【住所】
〒601-1255
京都府京都市左京区上高野東山55

【関連ページ】
瑠璃光院HP
※拝観料等、詳細はこちらよりご参照願います
http://rurikoin.komyoji.com/

【GoogleMap】

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

新着記事一覧

新着記事一覧

風景 夕景

2018/9/24

真っ赤なコキア畑!茨城の国営ひたち海浜公園で紅葉を撮る

こんばんは。 今回更新するのは茨城県にある紅葉スポットであり、絶景スポットでもある 国営ひたち海浜公園 の紅葉したコキアを撮影した記事になります。 国営ひたち海浜公園といえばネモフィラ畑が有名ですが、実はこの場所、一年通して色々な植物が植え変えられるというすごい場所だったりします。 以前夏に訪れたのですが、緑色のコキアをおばちゃん達がせっせと植えていた光景をみてびっくりした記憶があります。 あの広さにあの量を植えるってやべぇなと思わせる位、国営ひたち海浜公園は広いのです。 そんな国営ひたち海浜公園の紅葉コ ...

続きを読む

朝景

2018/9/23

長野の紅葉スポット 横手山のぞき より 紅葉 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野、及び群馬の紅葉スポットである 横手山のぞき にて撮影した紅葉記事になります。 この横手山のぞきは志賀高原の近くにあるのですが、位置的には雲海スポットである渋峠にも近い場所になります。 この日は渋峠で雲海を撮影してから、横手山のぞきで紅葉を撮影する人が多かった気がします。峠道に膨大な車の量があるため、渋峠での日の出は諦めました\(^o^)/ そこでウロウロして見つけたのがこの横手山のぞきから観る紅葉風景だったのです。 横手山のぞきについて 横手山のぞきは長野県下高井郡の志 ...

続きを読む

風景

2018/9/21

初日の出が日本で一番早く見れる場所!犬吠埼灯台 へ行ってきた

こんばんは。 今回更新するのは日本で一番早く初日の出が拝める場所 犬吠埼 の紹介記事になります。 犬吠崎は千葉県銚子市にある利根川の河口に近くにあり、岬には「世界灯台100選」にも選ばれた犬吠埼灯台が存在します。 また変わった色のポストがあることでも有名?だったりします。 犬吠埼について 犬吠埼は銚子半島の最東端、太平洋に突き出た岬になります。岬を囲う三方には海に囲まれており、高さ約20mの海食台地の突端、海抜52mの白亜の灯台が設置されています。 犬吠埼灯台は犬吠埼の探勝の中心地にあります。光遠距離19 ...

続きを読む

コンテスト

2018/9/20

第5回住友不動産販売 ステップフォトコンテスト にて 協賛会社賞 頂きました

タイトル:天空のオアシス SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM ISO 50 焦点距離132mm F13 シャッター速度 6秒 2018年5月に応募したこの作品 住友不動産が主催するStepフォトコンテストにて協賛会社賞を頂きました。 Web上での応募形式である当フォトコンテストですが、SNSで活動されている写真家には人気のあるフォトコンテストらしく、入選結果には見たことある名前がちらほらありました。 応募総数は36,975点とかなり多く、恐らく自分が応募したフォトコンテストでは過去 ...

続きを読む

写真展

2018/9/18

写真家 辰野清 の写真展「余韻」へ行ってきました

こんばんは。 先日都内で行われている、写真家 辰野清 氏の写真展「余韻」へ見てきました。 場所は東京丸の内の方にあるFUJIFILM Imaging Plaza。 自分が訪れたときは会館時間ギリギリだったのもあり、人混みは少なくじっくり作品を見ることが出来ました。 今回写真展を観た感想を綴ってみたいと思います。 写真家 辰野清 とは? 写真家 辰野清 氏は長野県岡谷市出身の写真家で、長野を拠点に撮影をされている風景写真家になります。元々子供を撮るためにカメラを手にしたわけですが、そこから本格的に風景写真を ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 戸隠 にて 鏡池 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の紅葉スポットであり、絶景スポットである 戸隠 にある 鏡池の撮影記事になります。 戸隠の紅葉といえばこの鏡池ですが、長野県有数の撮影ポイントであり観光スポットでもあります。またハイシーズンはマイカー規制もあるため、ハイシーズンに紅葉を撮るとなると色々と大変だったりします。 今回訪れたときは晩秋と呼ばれる時期だったためマイカー規制も緩やかでした。 戸隠と鏡池について 鏡池は長野市の戸隠高原にあります。名前の通り、戸隠の山々が鏡のように水面に映り込む新緑と紅葉の絶景スポッ ...

続きを読む

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-風景
-, , , ,

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.