Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。RICOH GR3 でも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

カメラ

α7 最高の望遠レンズ!SEL70200GMを2年半使ったのでレビューしてみる

2020年2月16日


こんばんは。今回更新するのはSONY α7シリーズでお馴染みの望遠レンズSEL70200GMのレビュー記事になります。

前回初めて機材レビュー記事ということでSEL50F14Zを取り上げたのですが、意外と反響が良く、気に入ってる機材はガンガン紹介する方向性で行こうかと思うように。

とは言っても、ガチな検証とかは一切せず、思い出にある写真をアップして使い心地など、勝手に書いてく感じです笑

解像度だったりノイズの乗り方等、トータル的な検証データが必要な方は海外の検証サイト DxOMark へGO

そんなこんなで今回の記事は Taka0610 が感じたSEL70200GMに対する想いの内容となります。ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m

ざっくりとしたSEL70200GMのスペック

基本仕様 内容
フォーカス AF/MF
レンズ構成 18群23枚
絞り羽根枚数 11 枚
焦点距離 70-200 mm
最短撮影距離 0.45 m
最大撮影倍率 0.25 倍
開放F値 F2.8
最大径x長さ 88x200 mm
フィルター径 77 mm
重量 1480 g

SEL70200GMをスペックから読み解いていきます。

このレンズの大きな特徴としましては大口径レンズのナナニッパレンズと言ったところでしょうか。

フィルター経は77mmで、一般的な大三元レンズと同じフィルター経です。

重さも1480gと他メーカーの一眼レフマウントにあるナナニッパに近い数値で、振り回すにはちょっと気合が必要です。とは言え、インナーズームレンズのため、慣れてしまえば持ち運びは容易な方かなと。むしろインナーズームではない最近購入したSEL100400GMの方が持ち運びが面倒です。

後は撮影倍率が0.25倍なので、一般的なレンズに多い0.2倍以下というところから被写体に寄れるレンズとなります。

AFもそこそこ早く、風景だけでなく、ポートレートや動物撮影、なんでもござれ状態のレンズです。解像度も文句なし。2本とも手にしてわかりましたが、もう片方の望遠レンズSEL100400GMより間違いなく画質良し。

そしてこのレンズが一番活躍する場面としたらブライダルの撮影でしょうね。明るく高画質で、暗いシチュエーションの場面でも大活躍です。

以上がスペックから読み解いたSEL70200GMの情報になります。自分が今まで撮影してきた写真たちに続きます。

撮影した写真たち

風景写真とSEL70200GM

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離135mm F13 シャッター速度 6秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離99mm F2.8 シャッター速度 10秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離100mm F10 シャッター速度 8秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離200mm F2.8 シャッター速度 1/5000秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離120mm F11 シャッター速度 1/20秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離107mm F13 シャッター速度 1/20秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離112mm F11 シャッター速度 2.5秒

風景メインなら、SEL70200GMは間違いなく使い勝手抜群のレンズ。

焦点距離も絶妙ですし、何より描写力が半端ない。描写の精細度、逆光耐性、色味、全て自分の好きな作風を叩き出してくれるレンズです。単焦点レンズ並みの描写力とは正にこの事か。

夜景写真とSEL70200GM

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 125 焦点距離165mm F6.3 シャッター速度 1/2秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離72mm F13 シャッター速度 30秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS + 2X Teleconverter
ISO 160 焦点距離256mm F11 シャッター速度 250秒

SONY α7R3 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 200 焦点距離158mm F5.6 シャッター速度 30秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離104mm F11 シャッター速度 13秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離200mm F9 シャッター速度 8秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 800 焦点距離200mm F2.8 シャッター速度 1/160秒

風景メインで使い勝手抜群ならば、夜景メインでも使い勝手抜群です。精細な描写は夜景でも健在で、潰れることなくしっかり映し出します。

特に暗部の描写が綺麗です。黒つぶれに関して粘り強い印象を受けました。ここまでレンズの描写が素晴らしいと高画素機で使わないと勿体ないレベル。

動物写真とSEL70200GM

ここ数年撮影を続けている馬

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離99mm F2.8 シャッター速度 10秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離99mm F2.8 シャッター速度 10秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離99mm F2.8 シャッター速度 10秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離99mm F2.8 シャッター速度 10秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離99mm F2.8 シャッター速度 10秒

ココ数年、撮影を続けている冬の馬達。猛吹雪の中撮影するわけですが、この撮影ポイント内なら70-200mmの焦点距離が大活躍です。

インナーズームレンズのため、雪の撮影も不安がありません。悪天候の中でもガシガシ撮影に使えるのはこのレンズの強みじゃないでしょうか。

北海道といえばタンチョウ

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離99mm F2.8 シャッター速度 10秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離99mm F2.8 シャッター速度 10秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS
ISO 50 焦点距離99mm F2.8 シャッター速度 10秒

タンチョウもSEL70200GM + テレコンX2 で撮影。ココまでの画角になってしまうと、SEL100400GMを使うほうが無難かな。とは言え日中の撮影ならばX2テレコンも大活躍です。オートフォーカス(AF)もそこそこ速い。

SEL70200GMを使って感じたこと

イイところ

作例としてアップした写真の中にコメントしましたが、改めて整理すると以下になります。

・FEマウントで最高レベルの画質(単焦点に迫るレベル)
・暗部の粘りが強い(黒つぶれがしにくい)
・どの絞り値でも完璧な描写を叩き出す
・風景メインなら使いやすい70mmスタートの画角(70-200mm)
・ボケが綺麗
・ズーム域(70-200mm)での通しF2.8
・インナーズーム機構

こんな感じでしょうか。使ってて困ったことないですし、画質も文句なし。F値を絞っても開放でも全然使える画質なのが強みですね。

そしてF値が2.8の通しレンズのため、活躍しそうな場面としてはやはりブライダルなどじゃないでしょうか。

自分はこのレンズを手にしてから結婚式で撮影する事が殆どなくなってしまったため、詳しくレビューが出来ませんがきっとこのレンズの明るさがの部分が大活躍に違いない。

因みに動物撮影となると焦点距離的に厳しいモノが出てきます。テレコンと使うくらいならSEL100400GMを勧めたい。

ダメなところ

・レンズが重たい
・価格が高い
・最新レンズに比べるとAFがそこまで早くない(後発のSEL100400GM,SEL24105Gのが早い)

悪い部分は殆どないと感じてます。設計が少し古いので、ココ最近出てきてるレンズ群にはオートフォーカスの合致速度が劣るのも事実。

後は携帯性の部分でしょうか。コレばかりはウィークポイントで書かざるを得ない。

とは言え、ミラーレスカメラの重量基準での話のため、一眼レフを使ってきた人からしてみたら大した重さではないかもしれません。

他の競合レンズとの使い勝手について

SEL70200G

SEL70200GMの競合レンズと言えば、このSEL70200Gです。このレンズの特徴としては軽量なのと、F4通しのレンズという事。

ネットのレビュー記事だと描写力はSEL70200GMもSEL70200Gも変わらないと書かれることがありますが、実際使った身としては大分画質は変わります。特にボディの性能が高ければ高いほどそこの差は出てきます。解りやすいのは逆光耐性とAFかなぁ。

そんなこんなでSEL70200Gを買うならばSEL70200GM買っといたほうが絶対後悔しないと言うのが、両方手にした自分なりの結論です。

あと、SEL70200Gだとテレコンが使えません。

 

SEL100400GM

このSEL100400GMもSEL70200GMを購入するにあたって検討対象になるレンズです。焦点域が100mm-200mmで被るため、比較対象になるぽいです。

実際どちらも手にした身からしてみると、SEL70200GMのが描写力は上です。ただ、テレコン交えた画質(300-400mm)の比較になると、断然SEL100400GMのが描写力は上です。

特にテレコン使ってしまうと色収差の部分が顕著で、予算があるならばSEL100400mm買っとけという話に落ち着きます。整理すると、

【100-200mm域の画質】
SEL70200GM > SEL100400GM

【300-400mm域の画質】
SEL100400GM > SEL70200GM + テレコン

といった感じ。自分の場合は2本持っていって、超望遠域を使う場合はSEL100400GMを使うと行ったところ。撮影用途に合わせて使うレンズを決めたほうが良いです。

テレコン画質について

さて望遠レンズと言えばテレコンとの関係性が気になるところですが、どういう被写体をテレコン使って撮影したいかで求める画質が変わってきます。

特に夜景を撮影する場合、テレコンを使用すると描写に物足りなさが発生します。逆に日中動物撮影する用途ならまぁどうにか使えるかなといったところ。整理すると、

【テレコン使っての日中撮影】
・なんとか使えそうな解像度

【テレコン使っての夜景撮影】
・物足りない解像度
・色収差の発生

という感じです。つまり夜景撮影目的でSEL70200GMにテレコン使用するなら始めからSEL100400GMを使うべきという結論に至ります。

個人的にはテレコンは間に合わせの装備という認識に落ち着きました。基本的には使わない。そういう感じ。


まとめ

作例含めて色々書きなぐってみましたが、後半は結構コアな内容を書けたと思います。

特に望遠レンズはテレコンの画質について書いてる部分ってあまり見たことありません。何より判断基準が曖昧な部分もあり、比較が難しいのも事実です。主観的に色々ぶった切ってみましたが、α7で望遠レンズを購入検討の方に役立てれば幸いですm(_ _)m


 

関連記事

カメラ

2020/9/16

角型フィルターを新調!Haidaのフィルターホルダーシステムを購入しました!

こんばんは。 今回紹介するのは最近出てきた角型フィルターのブランド、Haida の角型フィルターの購入記事になります。 Lee、Nisi、KANI、Haidaと角型フィルターの市場もだいぶ成熟してきてると思います。 だいぶ前にNisiの角型フィルターを購入したにも関わらず、何故今再び角型フィルターシステムを新調したのか。 導入までの過程や使い勝手等、色々書いていきたいと思います。 ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m (今回画質については割愛します。色かぶり以外はどちらも大差がないという結論です。) ...

ReadMore

カメラ

2020/7/11

旅の記録を動画でも!今更ながら GoPro HERO 8を購入しました!

こんばんは。 先日、大人気アクションカムであるGoProを購入しました。 ずーっとスチールで撮影してた人間が、何故動画を撮影しだしたのか。何故アクションカムなのか。 また購入したものをご紹介できればと思います。 アクションカムが気になっている方、GoProの購入を検討している方の参考になればと思います。 ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m 写真一筋の人間が何故今更動画を撮ろうと思ったのか きっかけは仕事で動画撮影、編集に携わったから 2020年5月、コロナウイルスの影響で日本中に緊急事態宣言が発令さ ...

ReadMore

カメラ

2020/7/8

SONYがSEL1224GM(FE12-24mm F2.8 GM)を正式発表!

2020年7月8日、SONYが海外でSEL1224GM(FE12-24mm F2.8 GM)を正式発表しました。 日本での発売予定日は2020年8月7日とのこと。 掲載元は英語リンクになりますが、取り急ぎ仕様内容を整理してみました。整理してみるとかなり良さげなレンズでした! 以下レビュー内容に続きます。 ※追記:日本サイトでも正式発表されました! 発表されたSEL1224GMの仕様について ・防塵防滴を配慮した仕様 ・重さ:847g ・全長:137mm ・最大径:97.6mm ・出目金レンズ ・後玉に後部 ...

ReadMore

カメラ

2020/6/21

ギア雲台と自由雲台、それぞれ1年以上使ってみたのでレビューしてみる

こんばんは。 今回紹介するのは自由雲台とギア雲台の使用感についてです。 当方写真歴は7年近くなりますが、そのうち6年位は三脚の雲台がずーっと自由雲台でした。もう自分が写真の趣味にハマる頃には「自由雲台一択っしょ!」みたいなムーブメントが起きており、ギア雲台なんかは絶滅危惧種になりつつありました。 ただ、この数年はアルカスイス規格に応じたギア雲台が出てきました。ブランドで言うとARCA SWISSを初め、ココ最近でいうとLeo fotoが該当します。 特にLeofotoのギア雲台はコスパ含めコンパクトにまと ...

ReadMore

カメラ

2020/5/16

初めての一眼レフ・ミラーレスカメラに便利なカメラアクセサリーのご紹介

こんばんは。今回更新するのは買ってよかったカメラアクセサリのご紹介になります。 特に今回紹介するのは主にカメラメンテナンス用の消耗品がメインで、カメラ始めるにあたって絶対買って損は無い物です。 カメラ始めたてで右左もわからないような人向けの内容になるかと思います。ゆるりとお付き合いください。 Taka0610の撮影スタイルについて カメラアクセサリを紹介するにあたって必要なのが、紹介するやつは普段どういうロケーションで撮影してるねんという点。 当方、風景メインでたまにポートレートやスナップ撮影が入ってきま ...

ReadMore

カメラ

2020/4/19

購入して、半年!α9があまりにもいいカメラだったため再度レビューしてみる

こんばんは 。昨年末にSONYα9を購入したTaka0610です。 当方、このカメラを約5ヶ月近く使っているわけですが、想像以上に使いやすいカメラでした。 リンク 以前苦痛に感じていた2台体制も、今やスムーズに使い分けてます。どういった使い分けの仕方を7R3とα9で行っているのか。 色々綴ってみたいと思います。α9の購入を検討している方に参考なればと思います。ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m α7R3とα9の2台体制になった背景について 2台体制になった理由はこちらの記事でも書いてますが、簡潔にま ...

ReadMore

カメラ

2020/3/14

α7 最高の望遠レンズ!SEL70200GMを2年半使ったのでレビューしてみる

こんばんは。今回更新するのはSONY α7シリーズでお馴染みの望遠レンズSEL70200GMのレビュー記事になります。 前回初めて機材レビュー記事ということでSEL50F14Zを取り上げたのですが、意外と反響が良く、気に入ってる機材はガンガン紹介する方向性で行こうかと思うように。 とは言っても、ガチな検証とかは一切せず、思い出にある写真をアップして使い心地など、勝手に書いてく感じです笑 解像度だったりノイズの乗り方等、トータル的な検証データが必要な方は海外の検証サイト DxOMark へGO そんなこんな ...

ReadMore

カメラ

2020/2/15

トラベラー三脚の雲台を買い替え!RRSのコンパクト雲台 BH-30LRを購入

こんばんは。 2020年、カメラ機材は購入しないと決めたものの、1ヶ月でその掟を破ったTaka0610です。 そんな自分が今回購入したのはトラベラー三脚用の雲台です。マーキンスのトラベラー三脚用雲台を約3年利用してたのですが、ノブシューのタイプの雲台が冬場の撮影にとても不便だったのを経験します。 特にめちゃくちゃ寒い中、小さなノブを回したかどうかを確認するのがとても苦痛でした。 自分にとってトラベラー三脚で求めてる要素としては、小さいながらもどんな条件下でもササッと準備が出来る部分です。 そうなると必然的 ...

ReadMore

カメラ

2020/1/25

使用している機材の紹介 (2020年1月〜)

この記事では自分が現在進行系で使っている機材のご紹介をします。 2020年1月に機材の刷新をしたため、改めて今回記事にしてみました。 前回更新した記事はこちらから。 自分が機材に求めてるのが描写と持ち運び易さの2点。 また自分の好きな道具を使って何かに打ち込みたいという想いがあるため、必然的に道具として愛用できるかどうかも含めてトータル的に判断してます。 メジャーな構成は避けたがりですと言いつつ、最近α7が人気のためメジャーな構成路線に流れつつあります\(^o^)/ とまぁ機材に対する考えを綴ったところで ...

ReadMore

カメラ

2020/7/22

α7に最高の標準レンズ!SEL50F14Zを2年半使用したので語ってみる

こんばんは。 なななんと当ブログでレンズレビューなる記事を今回書いてみます。やっと重い腰を上げるといいますか、そんな感じでしょうかね・・・。 元々当ブログでは機材レビューはしないスタンスでした。何故なら自分が理系出身ってのもあり検証とかしだすと止まらない性分だからです。 光源、撮影条件、カラーチャート、遷移図、MTF曲線、思いつくワードだけでもこれだけポンポン出てきます。 ただでも、愛用レンズに対する想いを述べるなら別に検証する必要もないんじゃない?と思うようになってきたので、自分の作例を添えつつ、使用感 ...

ReadMore

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とRICOH GR3。1年半ほどフィルムカメラで撮影もしてました。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-カメラ
-

Copyright© Photo Fieldworks , 2020 All Rights Reserved.