Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

夜景 朝景

長野の雲海スポット 高ボッチ高原 で富士山を撮る

投稿日:2018年9月5日 更新日:


こんばんは。

今回更新するのは長野県の雲海スポットであり、富士山スポットでもある 高ボッチ高原 の記事になります。

ココからの景色は素晴らしいもので、恐らく本州の撮影地でも1、2を争うほどの絶景スポットじゃないかと思います。この場所のポイントは諏訪湖越しに富士山が見えること。諏訪の町並みに雲海が広がり、遠目で拝める富士山の姿は正に絶景です。

ここの雲海を撮るべく天気に詳しくなったのは言うまでもありません\(^o^)/

高ボッチ高原について

高ボッチ高原は高ボッチ山に広がる高原で、長野県岡谷市と塩尻市との境にある、標高1,665メートルの高さに位置します。

江戸時代までは採草地(草刈場)として利用されており、岡谷側の横川村と、塩尻側の北熊井村との間では境界を巡ってしばしば紛争となったとのこと。現代になってもその境界のややこしさは健在で、高ボッチ高原へアクセスするまでの道の管轄が複数の市にまたがってたりします。

道路状況を把握するには塩尻市のサイトでわかりますが、封鎖の状況については松本市のサイトも見る必要があるので注意です。

またこの高ボッチ高原の草原エリアには牧場が存在しており、概ね6月上旬から10月上旬までの期間にわたって30頭ほどの乳牛を放牧しているとのこと。

星景ポイントとしても有名で、天体観測目的の方も多くが訪れる場所となっております。

撮影した写真達

雲海が無くとも絶景は広がる

SONY α7S FE 70-200mm F4 G OSS
ISO 160 焦点距離131mm F13 シャッター速度 244秒

SONY α7S FE 70-200mm F4 G OSS
ISO 200 焦点距離166mm F8 シャッター速度 30秒

自分が初めて高ボッチ高原を知ったのは1枚目の状態が映し出された写真でした。

しかもこの光景を撮れるのは日の出後のごく僅かな時間帯なのです。時間が刻々と過ぎる毎に街明かりも消えていくので、マジックアワーの時間帯と被るのはごく僅かな時間となります。

1枚目はそのごく僅かな時間帯に撮影したもので、そこから時間が過ぎていくと2枚目の写真になっていきます。

低い位置に広がる雲海

SONY α7S FE 70-200mm F4 G OSS
ISO 1250 焦点距離165mm F5.6 シャッター速度 30秒

SONY α7S FE 70-200mm F4 G OSS
ISO 50 焦点距離127mm F13 シャッター速度 5秒

SONY α7S FE 70-200mm F4 G OSS
ISO 50 焦点距離200mm F13 シャッター速度 25秒

高ボッチ高原は10回程通いましたが、雲海の高さに違いがあるのを5回目過ぎた辺りから知りました。低い位置に雲海が出ると、写真の用に落ち着いた形の雲海写真になります。

キレイに山の峰々に雲海がせき止められる形で佇むので、コレはコレで絵になります。

高ボッチを撮影しだして1年目はこの光景に出会うことが多かった気がします。高い位置の雲海写真に続きます。

高い位置に広がる雲海

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM
ISO 400 焦点距離155mm F9 シャッター速度 30秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM
ISO 100 焦点距離154mm F11 シャッター速度 115秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM
ISO 160 焦点距離154mm F11 シャッター速度 125秒

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM
ISO 50 焦点距離162mm F11 シャッター速度 15秒

続いて高い位置の雲海について。

写真それぞれが高い位置の雲海写真になります。低い位置に連なっていた山の峰々が見えなくなってることで雲海の立体感が出てるのがわかりますでしょうか?

この雲海を見るためには少々条件が難しく、寒暖差の問題だけでなく、気温の問題が大きく影響します。あくまで持論の一つになるので今回記事で紹介するのは止めますが、ヒントの一つとして参考程度に見て頂ければ幸いです。

この日は月夜で照らされており、夜中にも関わらず富士山を拝めることが出来ました。また真夜中に雲海が広がっていたのもこの日の特徴でした。

このまま夜が明けてくれればよかったのですが、残念ながら雲に阻まれてしまうという、高ボッチ高原あるあるの景色が広がったのでした・・・。

今年も一応足を運ぶ予定ですが、高い位置での雲海と朝焼け狙いに絞って出撃予定です

条件が整えれば霧氷とのコラボも可能

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM
ISO 100 焦点距離70mm F11 シャッター速度 115秒

この日はマイナス10度近くあり、手前の草原を始め、高ボッチ高原の木々が霧氷で広がっておりました。

11月のシーズンでさえ霧氷が出てしまう高ボッチ高原、真冬に訪れたらどんな世界が広がっているのだろうかと心が踊るのですが、冬季封鎖に阻まれます笑

以前は冬季封鎖がなかったのですが、車両事故により市が冬季封鎖を始めました。

真冬にノーマルタイヤで突っ込んで起こした事故らしく、揉めに揉めた話だったと地元のカメラマンから聞いた時に悲しくなったのは言うまでもありません。

撮影地として有名になるのはいいですが、マナーを守って訪れることを心がけたいものです。

撮影地について

撮影ポイントは大きく3箇所

Mapのように高ボッチの撮影地は大きく分けて3つあります。一番メジャーなのは電線塔の前にある展望エリアで、撮影地1になります。自分が上げてきた写真は基本的に撮影地1から撮った写真のみです。

撮影地2からの景色は少し位置関係がずれるので、出てくる絵も変わってきます。手前の諏訪湖が木に少し隠れる感じの写真が撮れるのが撮影地2です。この場所は霧氷と合わせて撮るのがベストかと思います。

撮影地3については行ったこと無いためなんとも言えませんが、撮影地1の絵に近い写真が撮れると聞いてます。撮影地1に比べて歩くため、人混みは少し緩和されるのかな?諏訪湖と富士山の位置関係が少しずれるのがこの撮影地3です。

ハイシーズンと撮影について

高ボッチ高原の撮影ハイシーズンは10月〜12月の夜中から朝方になります。

雲海だけの話なら春先でも良いのですが、そもそも雲海が見えて富士山が見えるという条件は、日の位置関係もあるためどうしても10〜12月の時期を選ばざる得ないです。

また10月とはいえ標高1,500mを超えてくる場所のため、夜中は氷点下を下回ります。真冬の格好で備えていいくらい寒いので、防寒着はしっかり持っていきましょう。

湿度の条件次第ではレンズが結露します。結露対策まであるとベストです。

冬季封鎖について

事故が原因で行われるようになった冬季封鎖。

例年12月に入ったら冬季封鎖というのが一般的ですが、2016年は1月初旬まで開放されてたりと、例年封鎖の時期が少々異なります。塩尻市のサイトより道路状況を確認してから訪れることをおすすめします。

人の混み具合、場所取りについて

かなりの規模で有名な撮影地となってしまった高ボッチ高原。撮影地のトラブルは多いかと思いきや、比較的まだ平和な方かもしれません。

三脚で場所取りが前提で、譲り合いな部分が結構多かったりします。大体夜中の3〜4時くらいに三脚を立てて、車で待機というのが一般的な気がします。

その間に星を撮ってもいいですし、真夜中の富士山撮影にトライするのもいいですし、人それぞれ待機方法が変わってくるのがこの高ボッチ高原でもあります。

とは言え、沢山人が集まる場所には変わりないので、訪れた人たちが一人ずつマナーを持って撮影に望みましょう。

アクセスについて

【住所】
〒399-0711
長野県塩尻市

【関連ページ】

※公式信州観光サイトより

【Google Map】
https://goo.gl/maps/pQMJJsg2ANy

関連記事

富士山 - Photo Fieldworks
富士山 - Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

続きを見る

雲海 - Photo Fieldworks
雲海 - Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

続きを見る

【長野県】 - Photo Fieldworks
【長野県】 - Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

新着記事一覧

新着記事一覧

風景

2018/9/21

初日の出が日本で一番早く見れる場所!犬吠埼灯台 へ行ってきた

こんばんは。 今回更新するのは日本で一番早く初日の出が拝める場所 犬吠埼 の紹介記事になります。 犬吠崎は千葉県銚子市にある利根川の河口に近くにあり、岬には「世界灯台100選」にも選ばれた犬吠埼灯台が存在します。 また変わった色のポストがあることでも有名?だったりします。 犬吠埼について 犬吠埼は銚子半島の最東端、太平洋に突き出た岬になります。岬を囲う三方には海に囲まれており、高さ約20mの海食台地の突端、海抜52mの白亜の灯台が設置されています。 犬吠埼灯台は犬吠埼の探勝の中心地にあります。光遠距離19 ...

続きを読む

コンテスト

2018/9/20

第5回住友不動産販売 ステップフォトコンテスト にて 協賛会社賞 頂きました

タイトル:天空のオアシス SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM ISO 50 焦点距離132mm F13 シャッター速度 6秒 2018年5月に応募したこの作品 住友不動産が主催するStepフォトコンテストにて協賛会社賞を頂きました。 Web上での応募形式である当フォトコンテストですが、SNSで活動されている写真家には人気のあるフォトコンテストらしく、入選結果には見たことある名前がちらほらありました。 応募総数は36,975点とかなり多く、恐らく自分が応募したフォトコンテストでは過去 ...

続きを読む

写真展

2018/9/18

写真家 辰野清 の写真展「余韻」へ行ってきました

こんばんは。 先日都内で行われている、写真家 辰野清 氏の写真展「余韻」へ見てきました。 場所は東京丸の内の方にあるFUJIFILM Imaging Plaza。 自分が訪れたときは会館時間ギリギリだったのもあり、人混みは少なくじっくり作品を見ることが出来ました。 今回写真展を観た感想を綴ってみたいと思います。 写真家 辰野清 とは? 写真家 辰野清 氏は長野県岡谷市出身の写真家で、長野を拠点に撮影をされている風景写真家になります。元々子供を撮るためにカメラを手にしたわけですが、そこから本格的に風景写真を ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 戸隠 にて 鏡池 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の紅葉スポットであり、絶景スポットである 戸隠 にある 鏡池の撮影記事になります。 戸隠の紅葉といえばこの鏡池ですが、長野県有数の撮影ポイントであり観光スポットでもあります。またハイシーズンはマイカー規制もあるため、ハイシーズンに紅葉を撮るとなると色々と大変だったりします。 今回訪れたときは晩秋と呼ばれる時期だったためマイカー規制も緩やかでした。 戸隠と鏡池について 鏡池は長野市の戸隠高原にあります。名前の通り、戸隠の山々が鏡のように水面に映り込む新緑と紅葉の絶景スポッ ...

続きを読む

風景

2018/9/14

長野の紅葉スポット 秋山郷 より 布岩 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは長野県の秘境であり、紅葉スポットである 秋山郷 の布岩で撮影した紅葉写真記事になります。 秋山郷は長野県の最北端に位置しており、北上するルートでいくと新潟県を通ってのアクセスとなります。 千葉県民からしてみると長野県ってだけで秘境なのに、その中でも更に秘境である秋山郷。初めて訪れた際には只々、絶景が広がっており、ワクワク感が止まりませんでした。 秋山郷について 秋山郷は苗場山北西麓に位置しており、長野県栄村と新潟県津南町にまたがる中津川沿いの地域の総称です。日本の秘境100選 ...

続きを読む

カメラ

2018/9/13

自分に合う機材はどんなカメラ?カメラ機材を買い漁って気づいた事

こんばんは。 最近新製品がどんどん出まくっているカメラ市場 特にNIKON、CANONからフルサイズミラーレス機が発売されたのはある意味、過度期でもあります。 またSONYのミラーレスα7シリーズにもタムロンやシグマがレンズ開発に参入してきたりと、ボディ・レンズ共に市場が潤ってきています。数年前まではF4通しのレンズ1本しか無かった、標準ズームレンズが今や5本位選択肢があるくらいですから・・・。 そんな渦中のミラーレスユーザーの一人である自分ですが、この2018年のビッグウェーブに乗るべきなのか否か 当方 ...

続きを読む

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-夜景, 朝景
-, , , , , , ,

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.