Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。フィルムカメラNikon FM3Aでも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

朝景

千葉の雲海スポット 鹿野山 で 初日の出 を撮る

投稿日:2018年1月15日 更新日:


2018年初撮り

今回向かった撮影地は千葉県にある 雲海 日の出 スポットである鹿野山

冬の時期に当たる千葉県ですが、この日は冬型の気圧配置の影響も少なく、風は弱く湿気も十分

まさに雲海条件に当てはまった日でした。

当方人混みが大の苦手。

初日の出も基本避けていたのですが、今年は気がついたら撮影地に赴いてました。。

2018年 鹿野山 に薄っすら広がる雲海

鹿野山に登る初日の出

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離81mm F14 シャッター速度 1/80

この日の雲海は、濃い雲海ではなく薄っすら霞が広がる雲海。

そのため夜中は薄っすらとしか雲海は発生しておらず、太陽の放射冷却と共に霞が広がったのでした。

この手の雲海の場合、日の出が刺してからが勝負です。

初日の出を撮り終えて減っていく人達

静かにイメージの光景が広がるのを待ったのでした。

鳥と雲海 白と黒の対比

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離200mm F14 シャッター速度 1/30

放射冷却が始まって雲海に太陽光が差し込んだ瞬間

そこは墨絵のような世界が広がっていました。

光射す世界 そこはまるで墨絵のようでした

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離200mm F14 シャッター速度 1/160

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離200mm F14 シャッター速度 1/250

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離200mm F14 シャッター速度 1/100

鹿野山は何度か訪れていますが、この場所でこのような景色は始めてみました。

この手の景色で有名なのは新潟の星峠

条件が整えば千葉でも出会える景色なのだなと。

2016-2017は色々と県外で撮影してきましたが、離れてみて改めて分かる千葉の魅力

2018年、幸先の良い撮影が出来たかなと思います。

番外編 天の川と雲海が広がる 鹿野山

SONY α7S Tamron SP 15-30mm F2.8
ISO 1000 焦点距離15mm F2.8シャッター速度 20

雲海と天の川の発生時間を考えると、この景色が拝めるのは2〜4月 です。

鹿野山は外房から光害が映り込むため、撮影は難しいですが、またリベンジしたいところです。

撮影地について

2018年、初日の出の鹿野山

人混みはそこそこありました。。。

駐車場が2つあるのですが、そこが全部車で埋まる勢いです。
恐らく30〜40台はあったかなと・・・。
(普段は5〜6台車があれば良いほうです)

三脚はそこまで並んでなかったので、他の撮影地に比べ場所取りはそんな苦労しないイメージです。

とは言え、最近メディアの露出が増えてきているため、徐々に有名になりつつあるスポットです

ココは南東向きのため、天の川と雲海を狙った撮影も可能です。

以前更新した 鹿野山 の 雲海 記事は コチラ

 千葉の雲海スポット 鹿野山 九十九谷 で朝焼けを撮る

 

アクセスについて

【住所】
〒292-1155
千葉県君津市 鹿野山東天峪119-1

【関連ページ】
君津市HPより
http://www.city-kimitsu.jp/kanko/spot/manabu/99tani-unkai.html

【Google Map】
https://goo.gl/maps/ybYgEHWPTSp

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

新着記事一覧

新着記事一覧

夜景

2018/8/16

第51回錦川水の祭典花火大会 へ行ってきました

こんばんは。 今回更新するのは、山口県にある錦帯橋で行われた花火大会の記事になります。 正式名称は「第51回錦川水の祭典花火大会」で、山口県の代表的な花火大会です。この日は現地に16時入り。花火大会自体は20:30からのスタートですが、場所取りやロケハンの関係上、早めの現地入りです。 そしてややこしい場所取りのルールがあったのと、色々なご縁があって場所が譲ってもらったりと、今回の旅の中で思い出深い日となりました。 錦川水の祭典花火大会について 「錦川水の祭典」は山口県岩国市内を流れる錦川の豊かな恵みに感謝 ...

続きを読む

夕景 夜景

2018/8/12

尾道の夜景スポット 浄土寺山展望台 より夕焼けを撮る

こんばんは。 今回更新するのは、尾道の夜景スポットであり、広島の夜景スポットでもある浄土寺山展望台の記事になります。 尾道からの夜景と言えば千光寺が有名ですが、地元の人から言わせてみると「本当に尾道の夜景を見るならば浄土寺山展望台」と言われるほどの場所です。 当日タクシーで向かったのですが、実際ドライバーの方も100人乗せて1人が向かうか向かわないかレベルの場所というくらい穴場のポイント。 そしてそこから見る尾道の夕景はとても素敵な景色が広がってました。 浄土寺山展望台について 浄土寺山展望台は千光寺山、 ...

続きを読む

カメラ

2018/8/10

撮影後のフィルム保管どうしてますか?自分のフィルムネガ保管方法を紹介してみる

最近再び流行っているフィルムカメラ。 撮った後現像をして、フィルムをデジタルスキャンをしてという工程を誰もが通っていると思いますが、その残ったフィルムの原盤、どうされてますか? 「箱に突っ込んだまま」 「現像後袋から出してない」 という声が自分の周りからちらほら聞こえてきます。 フィルムの特徴やカメラ機材については議論はされるものの、フィルムネガの保管については誰も触れやしないという・・・。 そのせいかフィルムの保管方法についてはオープンにされておらず、保管に困っている方が意外と多いのではないかと思います ...

続きを読む

旅行記

2018/8/9

猛暑の中、青春18切符片手にぶらり旅してきました

こんばんは。 先日、青春18切符片手に鈍行列車の旅へ行ってきました。年々鈍行列車の旅が辛くなってきてるのは気のせいでありたい・・・。 あと2回ほど、この夏に18切符で旅をする予定なので心折れてる場合じゃない\(^o^)/ そんなこんなで今回の旅の目的ですが、山口県で行われた花火大会と、尾道スナップ撮影です。振り返り兼ねて今回もブログへ綴っていきたいと思います。 以前の18切符旅の記事はこちらから 今回の旅のスケジュール 旅の日程としては4泊5日の行程です。1日目と5日目の最終日は電車移動で潰れてしまうため ...

続きを読む

カメラ

2018/8/7

SEL70200GMに不具合?SONYのサービスセンターにクレーム入れた話

こんばんは。 今回更新するのはSONYサービスセンターへクレーム入れた話です。 先日北海道旅行でいつの間にか壊れていたSEL70200GM。30万近くするレンズの修理費用となると、もう叙々苑で焼き肉パーチーが出来る勢いです。 メーカー保証内でどこまで対応が出来るのか、元メーカー勤めの人間が奮闘した記事になります。 突然レンズが使えなくなった・・・当時を振り返ってみる SEL70200GMがおかしくなった状況ですが、遡るは北海道旅行。 レンズ交換し、いざ使用ってところでズームが出来なくなった事で気付きました ...

続きを読む

風景

2018/7/19

北海道の絶景スポット 神威岬 を撮る

こんばんは。 今回更新するのは北海道の絶景スポットである神威岬の紹介記事になります。 神威岬は北海道の積丹半島と呼ばれるエリアに位置し、北海道西部・積丹郡の突端にあります。突端に行き着くと断崖絶壁になっており、ダイナミックな景色を望める事が可能です。 神威岬(かむいみさき)について 神威岬(かむいみさき)は、北海道積丹郡積丹にある岬です。積丹半島北西部から日本海に突き出しており、断崖絶壁の先からは積丹ブルーを拝める事が可能です。 断崖絶壁の岬へいくには、岬の付け根にある駐車場から先端部までは尾根沿いに整備 ...

続きを読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とNikon FM3A。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-朝景
-, , , , ,

Copyright© Photo Fieldworks , 2018 All Rights Reserved.