Photo Fieldworks

SONYのミラーレスカメラ α7 で日々写真を撮る人の写真ブログです。RICOH GR3 でも写真を撮り始めました。

スポンサードリンク

朝景

千葉の雲海スポット 九十九谷展望公園 での 初日の出と雲海を撮る

2018年1月15日


2018年初撮り

今回向かった撮影地は千葉県にある 雲海 日の出 スポットである九十九谷展望公園。

冬の時期に当たる千葉県ですが、この日は冬型の気圧配置の影響も少なく、風は弱く湿気も十分

まさに雲海条件に当てはまった日でした。

当方人混みが大の苦手。

初日の出も基本避けていたのですが、今年は気がついたら撮影地に赴いてました。。

2018年 鹿野山 に薄っすら広がる雲海

鹿野山に登る初日の出

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離81mm F14 シャッター速度 1/80

この日の雲海は、濃い雲海ではなく薄っすら霞が広がる雲海。

そのため夜中は薄っすらとしか雲海は発生しておらず、太陽の放射冷却と共に霞が広がったのでした。

この手の雲海の場合、日の出が刺してからが勝負です。

初日の出を撮り終えて減っていく人達

静かにイメージの光景が広がるのを待ったのでした。

鳥と雲海 白と黒の対比

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離200mm F14 シャッター速度 1/30

放射冷却が始まって雲海に太陽光が差し込んだ瞬間

そこは墨絵のような世界が広がっていました。

光射す世界 そこはまるで墨絵のようでした

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離200mm F14 シャッター速度 1/160

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離200mm F14 シャッター速度 1/250

SONY α7R2 FE 70-200mm F2.8 GM OSS 
ISO 50 焦点距離136mm F14 シャッター速度 1/100

鹿野山は何度か訪れていますが、この場所でこのような景色は始めてみました。

この手の景色で有名なのは新潟の星峠

条件が整えば千葉でも出会える景色なのだなと。

2016-2017は色々と県外で撮影してきましたが、離れてみて改めて分かる千葉の魅力

2018年、幸先の良い撮影が出来たかなと思います。

番外編 天の川と雲海が広がる 鹿野山

SONY α7S Tamron SP 15-30mm F2.8
ISO 1000 焦点距離15mm F2.8シャッター速度 20

雲海と天の川の発生時間を考えると、この景色が拝めるのは2〜4月 です。

鹿野山は外房から光害が映り込むため、撮影は難しいですが、またリベンジしたいところです。

撮影地について

2018年、初日の出の鹿野山

人混みはそこそこありました。。。

駐車場が2つあるのですが、そこが全部車で埋まる勢いです。
恐らく30〜40台はあったかなと・・・。
(普段は5〜6台車があれば良いほうです)

三脚はそこまで並んでなかったので、他の撮影地に比べ場所取りはそんな苦労しないイメージです。

とは言え、最近メディアの露出が増えてきているため、徐々に有名になりつつあるスポットです

ココは南東向きのため、天の川と雲海を狙った撮影も可能です。

以前更新した 鹿野山 の 雲海 記事は コチラ

 千葉の雲海スポット 鹿野山 九十九谷 で朝焼けを撮る

 

アクセスについて

【住所】
〒292-1155
千葉県君津市 鹿野山東天峪119-1

【関連ページ】
君津市HPより
http://www.city-kimitsu.jp/kanko/spot/manabu/99tani-unkai.html

【Google Map】
https://goo.gl/maps/ybYgEHWPTSp

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(_ _)m

Twitter で

広告1

アドセンス2

記事下広告

SNS誘導

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taka0610

写真ブログを運営しているTaka0610です。愛機はSONY α7 とRICOH GR3。1年半ほどフィルムカメラで撮影もしてました。プリントをゴールとした作品作りを心がけています。アナログとデジタルで写真に没頭中。

-朝景
-, , , , ,

Copyright© Photo Fieldworks , 2020 All Rights Reserved.